ニュース
» 2006年05月17日 14時07分 公開

日本HPとMS、内部統制の構築支援で協業

日本HPとマイクロソフトは、企業の内部統制の確保支援するITプロセスとその基盤作りで協業する。日本版SOX法と呼ばれている金融商品取引法の施行をにらんだもの。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とマイクロソフトは5月17日、日本版SOX法の施行をにらみ、企業の内部統制を支援するITプロセスとその基盤作りで協業すると発表した。

 両社は、IT管理フレームワークのITILをベースに、IT全般統制を効率的に行うためのサービス提供を行うほか、UNIXやWindows混在環境の管理実現に向け、日本HPの「HP OpenView」製品群とマイクロソフト「Windows Server System」を連携させ、IT全般統制強化を支援する。

 製品連携については、特に問題管理や変更管理、アクセス管理やアイデンティティ管理、IT全般統制の状態レポートといった分野で行う予定だ。

 また、日本HPの市ヶ谷事業所内に、連携ソリューションのデモセンターを開設し、顧客のシステム状況に合わせた提案や技術検証を可能にするという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ