レビュー
» 2007年02月26日 11時41分 公開

SOAを活用した次世代SCM〜ビジネス環境の変化に迅速かつ柔軟に対応ホワイトペーパー

SCM(サプライチェーンマネジメント)の導入は、受発注管理、在庫管理、物流管理などを効率化する。ところが、多額の予算をつぎ込んで稼働までこぎつけたSCMシステムが、ビジネスプロセスを阻害することがある。いったい何が起きているのか。

[ITmedia]

 ビジネス環境は時々刻々と変化するものである。そのため、企業内の情報システムも環境変化に合わせて迅速に修正されるべきだ。例えば、SCMは受発注管理、在庫管理、物流管理、倉庫管理などを統合し、効率的な管理を促進する。またSCMは、生産管理システムと連携して動作し、不良在庫が発生しない産出量を決定する。

 SCMシステムの導入には多大なコストがかかる。巨大なSCMシステムを導入した企業では、旧式のSCMシステムの改変が進まないことが多い。特に多額の予算をつぎ込んだSCMシステムでは、そのシステムを使い続けようというインセンティブが働く。その結果、ビジネス環境の変化に迅速に対応できず、新たな事業展開も行いにくくなる。必要なのは、急速に進展するIT環境に対応できるSCMシステムだ。

 ここでは、スターリングコマースが、SOAを活用したSCMアプリケーション「Yantra」について、既存のアーキテクチャやスタンダードと比較しつつ解説する。

 このホワイトペーパーのダウンロードは、下記リンクから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ