レビュー
» 2007年06月07日 09時20分 公開

電力消費と電力コストを削減するのに最適なサーバを分析ホワイトペーパー

現状のままサーバの電力消費が20%ずつ増えていくと、4年で総消費電力料金がサーバ自体の価格を上回るといわれている。データセンターにとって問題なのは、総費用のみならず、サーバの発熱によるダウンタイムの可能性増大だ。どのような対応策があるのか。

[ITmedia]

 データセンターではサーバの高密度化が進み、ラックマウントサーバやブレードサーバが多数設置されている。より省スペースで最大限の性能を発揮できるようになったが、一方で消費電力はうなぎ上りに拡大している。

 また、電力消費量のみならず発熱問題も浮上してきており、冷却のためにさらに消費電力が増加するという状況になっている。これでは、かつてアメリカで起きた大規模な停電事故と同じような事態を引き起こす可能性がある。それを回避するために、何らかの対策を施しておかねばならない。

 このホワイトペーパーでは、デルが提供する、電力消費を抑えたグリーンな(環境に配慮した)データセンター環境を構築可能にするサーバを紹介する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ