レビュー
» 2007年09月18日 08時39分 公開

3種のネットワークアクセスコントロール方式を比較ホワイトペーパー

標準的なネットワークアクセスコントロールの方式は、大別すると3種類存在する。どれが優れているのか。また、どのようにシステムを構築すればよいのか解説する。

[ITmedia]

 どの企業でも、企業ネットワークへのアクセスはポリシーに基づいて管理しているだろう。この「ネットワークアクセスコントロール」の方式については、それぞれのネットワークベンダーが独自に仕様を定めている。では、どれを標準として導入すればよいのだろうか。また、標準/独自仕様によるメリットとデメリットはそれぞれどのようなものか。

 ここでは、ネットワークアクセスコントロールの現状について述べ、3種類ある方式の中から、TNC(Trusted Network Connect)を活用したシステム構築について、ジュニパーネットワークスが解説する。

ホワイトペーパーをダウンロード

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ