連載
» 2018年03月23日 13時00分 公開

SaaS型ERP導入に失敗しないための「5つのポイント」:第4回 SaaS型ERP導入で考慮すべきハイブリッドクラウドのシステム構成 (1/2)

SaaS型ERPを導入する際は、業務プロセスの分類とクラウドの守備範囲を決め、システム構成を考える必要があります。クラウドとその他のソリューションを組み合わせた「ハイブリッド構成」にするメリットとともに、解説します。

[竹内孝也/KPMGコンサルティング, 伊藤圭一/KPMGコンサルティング,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 今回は、ハイブリッドクラウドにおけるシステム構成とその実現に向けた考慮点について解説します。

業務プロセスの分類とクラウドの守備範囲

 クラウド導入に際して、最初の重要な決定事項は、企業の業務改革やシステム刷新プロジェクトにおいて、どこまでをクラウドアプリケーションの守備範囲とするかということになります。

 クラウドアプリケーションは、基本的に主要部分にカスタマイズをしないことを前提として設計されており、標準的な使われ方に、業界のベストプラクティス、またはスタンダードプラクティスというものが織り込まれています。つまり、アプリケーションを意図されている標準的な使い方に従えば、その業務領域に関しては一から業務要件を設定することなく、最小限の工数で設計を完了できるということになります。

 また、業務プロセスモデルにしても、コンサルティングファームや導入ベンダーが業界別のものを用意している場合があり、これらを使用することで導入の工数を削減しつつ、より一般的に使われている効率的な業務プロセスを構築できます。

 それでは、どのような点を考慮すれば、クラウドアプリケーションを標準のまま使用していくことができるのでしょうか。

戦略を見据えた業務の「分類法」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -