ニュース
» 2019年06月24日 08時49分 公開

AIでリアルタイムの空き状況確認と持ち物管理 介護施設むけアプリの実証開始

マクニカとユニマット リタイアメント・コミュニティは、AI(人工知能)を活用した介護のショートステイ向けアプリとして「予約管理アプリ」と「持ち物記録アプリ」を共同開発している。2019年7月から持ち物記録アプリの実証を始める。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 マクニカとユニマット リタイアメント・コミュニティは2019年6月21日、AI(人工知能)を活用した介護ビジネスアプリを共同開発していることを明らかにした。アプリは介護サービスのうち、予約管理などが煩雑な「ショートステイ」を適用対象とする。

サービスイメージ サービスイメージ(出典:ニュースリリース)

介護職員の負荷をAIで軽減する仕組みとは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -