ニュース
» 2019年06月25日 10時00分 公開

ホワイトペーパー:Computer Weekly日本語版:次世代無線LANの衝撃

特集は次期無線LAN規格「IEEE 802.11ax」解説。この規格が何を解決するのか? 他にIntelとAMDの最新サーバ向けCPUの技術解説、AIがGDPRに抵触する可能性、Windows Server 2008のサポート終了で加速するコンテナ化などの記事をお届けする。

[TechTargetジャパン運営事務局]

 Computer Weekly日本語版 2月6日号は、以下の記事で構成されています。

■Windows Server 2008のサポート終了はDocker導入のチャンス

 DockerはWindows Server 2008のサポート終了を好機と考えている。

■SCM搭載ストレージの市場投入で見えてきた革新の可能性

 HPEとDell EMCによるSCM搭載ストレージの市場投入によって、ストレージアーキテクチャが新たな段階に突入する。

■AIのブラックボックス化を許さないGDPRに注意

 GDPRに機械学習の内部はブラックボックスだという言い訳は通用しない。

■新高速規格「IEEE 802.11ax」が解決する無線ネットワークの課題

 無線ネットワークに生じている課題を解決すると期待されているのが「IEEE 802.11ax」だ。

■サーバ向けCPU市場を制するのはIntel Cascade LakeかAMD Romeか

 2019年もIntelとAMDの覇権争いが過熱しそうだ。

■中小企業向けクラウドストレージのセキュリティとコスト

 中小企業向けクラウドストレージはどの程度のサービスが提供されるのだろうか。

ダウンロードページに進む

Kindle版のダウンロードページに進む

EPUB版のダウンロードページに進む

Computer Weeklyは、IT戦略やセキュリティ、モバイルコンピューティング、ITアウトソーシングなどの各種分析、事例、インタビュー記事を週刊で配信している1966年にイギリスで創刊されたITプロフェッショナルに向けた媒体で、2011年5月より、米国TechTarget社がデジタルマガジンとして発行しています。


TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -