速報
» 2019年07月02日 13時00分 公開

漫画『DEATH NOTE』が名前の由来、ランサムウェア「Ryuk」の被害が各国で続出

Ryukに感染すると、ファイルが全て暗号化され、身代金を要求される。米国では一部の自治体が身代金を支払ったと伝えられている。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 コンピュータに感染してファイルを暗号化し、身代金を要求するランサムウェア「Ryuk」の被害が世界各国で続出している。英国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)や米国土安全保障省は、企業や自治体などの組織に対して対策を徹底させるよう促した。

 Ryukの名称は漫画『DEATH NOTE』に登場する死神の名に由来する。米国では自治体や裁判所などでRyukに感染する被害が相次ぎ、一部の自治体はシステムを復旧するために身代金を支払ったと伝えられている。

NCSCのRyukに関するWebページ

Ryukの攻撃内容と、今できる対策とは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -