ニュース
» 2019年07月23日 08時42分 公開

モーターに流れる電流の挙動から異常を検知、日立がAI予兆診断ソリューションを開発

日立製作所は、モーターに流れる電流から関連設備の異常を自動で検知する予兆診断ソリューションを開発した。既存のセンサーで検出した電流データの挙動変化と監視対象機器の特徴量を機会学習AIで処理し、モーターの異常を見つけ出す。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日立製作所(以下、日立)は2019年7月22日、AI(人工知能)を活用して、電流データからモーター関連設備の異常を自動的に検知する予兆診断ソリューションを発表した。同ソリューションは、2019年10月に提供を開始する。

電流センサーの測定値からモーターの劣化を検知する 電流センサーの測定値からモーターの劣化を検知する(出典:日立製作所)

「人間頼りの保守点検」からの脱却、使うのは「今接続されているセンサー」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -