速報
» 2019年09月12日 09時33分 公開

IntelのCPUに「NetCAT」の脆弱性、重要情報流出の恐れ

発見者は「ネットワークベースのキャッシュサイドチャネル攻撃が、現実の脅威であることが示された」と解説している。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Intelは2019年9月10日のセキュリティ情報で、同社のCPUに新たなサイドチャネル攻撃の脆弱(ぜいじゃく)性を発見したと発表した。

NetCAT NetCATの脆弱性を伝えるIntel(出典:Intel)

 サイドチャネル攻撃とは、CPUに実装された処理性能を向上させる仕組みに関する弱点を突いて情報を流出させるもの。同攻撃に対する脆弱性は、2018年1月に発覚した「Spectre」「Meltdown」以降、報告が相次いでいる。

キーボード入力情報が流出する可能性

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -