ニュース
» 2019年10月03日 08時30分 公開

ブロックチェーン活用したデータ分析の実証実験開始 行動履歴から次の行動を予測

デジタルチケットの使用履歴からユーザーが次にとる行動を予測し、適切なタイミングでスマートフォンにおすすめを通知する。NTTデータが独自開発したブロックチェーン技術を活用し、個人属性情報を取得せずにデータ分析を行うという。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NTTデータは2019年10月2日、NTTグループが主催する「Fukuoka Bar Hopping」でブロックチェーンとレコメンド技術の有用性を検証すると発表した。同イベントは、同年10月2日〜4日と11日〜12日に福岡市の博多駅前から博多旧市街、天神地区で開催される。

(出典:NTTデータ)

 実証実験では、主に訪日外国人を対象に、福岡市内の18店舗で使用できるデジタルチケットを販売し、デジタルチケットの使用記録と、店舗の詳細やメニューなどの閲覧記録をブロックチェーンで管理する。そして、ユーザーの行動履歴を基に次の行動を予測して、適切なタイミングでスマートフォンにレコメンド(おすすめ)を送信する。

ブロックチェーンで安全な情報活用、具体的には?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -