ニュース
» 2019年10月15日 08時00分 公開

プレミアムコンテンツ:技術職もいつかは管理職に? これからのITリーダーの理想像とは

いつの時代も、管理職に転身したばかりのリーダーは「この選択が正しかったのか」と迷うものだ。技術者から管理職になった筆者の体験談と、組織行動論の研究者が説く「イノベーションリーダーの役割」を紹介する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 熟練の技術者が管理職になるケースもあれば、技術系のキャリアを貫くケースもある。とはいえどちらのキャリアを選んだ人も「本当にこの選択が正しかったのか」と迷う日が来るだろう。例えばIT業界でプログラム開発に熟練した技術者が次のキャリアアップとして管理職になることを選ぶとする。だが開発者の全てが管理職になるためのスキルや経験を兼ね備えているとは限らない。適性を備えていてすばらしい管理職になれたとしても、いつか「やっぱり開発がしたい」という思いにとらわれてしまう日が来るかもしれない。

 近年、ITによるイノベーションがビジネスを大きく変えることを誰もが期待している。リーダーに求められる役割は変化し、かつての手法は通用しなくなっている。ハーバードビジネススクール教授のリンダ・ヒル氏は、イノベーションリーダーの役割とはステージセッター(環境整備者)であり、チームが天才性を発揮できるように支えることを自身の役割として認識することが必要だと説く。本資料は、これからの時代における管理職やリーダーの理想像を理解するヒントになるだろう。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ