ニュース
» 2019年10月16日 10時56分 公開

SAP、クラウド製品群に機械学習やRPA関連の新機能を拡充

SAPは、「SAP Cloud Platform」や「SAP Analytics Cloud」「SAP S/4HANA Cloud」の機能を拡充した。消費者行動の分析や製造予測などに利用できる、機械学習を備えたクラウドサービスや、機械学習を活用した購買依頼向けの承認ワークフローなどが含まれる。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 SAPは2019年10月15日、「SAP Cloud Platform」や「SAP Analytics Cloud」「SAP S/4HANA Cloud」といった同社のクラウドサービスの機能を拡充すると発表した。

SAPが展開する「SAP Cloud Platform」(出典:SAP)

 SAPジャパンの報道発表によれば、SAPのCTO(最高技術責任者)を務めるユルゲン・ミュラー氏は「当社の顧客やパートナー企業から、自社ソリューションを簡単に拡張したり統合したり、新たに構築したりしたいとの要望がある。当社はビジネス・テクノロジー・プラットフォームを通じて、これを実現する最高レベルのオープン性と柔軟性を提供する」とコメントしている。

機械学習やプラットフォームの統合性を活用した新機能

 今回、SAPが各クラウドサービスに拡充する機能は次の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ