速報
» 2019年11月22日 12時00分 公開

最大賞金で1.6億円も GoogleとMozilla、脆弱性に懸ける賞金を増額

ソフトウェアやWebサイトの脆弱性を発見した研究者に賞金を支払う制度について、GoogleやMozillaが相次いで賞金の増額を発表している。Googleでは最大で150万ドル(約1億6000万円)の賞金を獲得できる制度も設けた。

[鈴木聖子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Googleは2019年11月21日、Androidの報奨金プログラム「Android Security Rewards」(ASR)を通じて脆弱(ぜいじゃく)性を報告した研究者に支払う賞金の増額を発表した。

Google Security Blog

Googleはスマートフォン向けプログラムを強化、Mozillaはこれまでの2〜3倍に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ