ニュース
» 2021年01月26日 08時00分 公開

AWS、Azure、GCP以外の“ニッチクラウド”を選ぶ理由プレミアムコンテンツ

AWSとMicrosoft Azure、GCPだけがクラウドサービスではない。用途やニーズによっては、他ベンダーのクラウドサービスが最適な場合がある。こうした“ニッチクラウド”を選ぶメリットと注意点を説明する。

[TechTargetジャパン運営事務局]
ダウンロードはこちら

 クラウドサービスを選ぶ際、候補に挙がりやすいのは「Amazon Web Services」(AWS)と「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」(GCP)という主要3サービスだ。ただし用途やニーズによっては、これらのクラウドサービスを提供するAWS、Microsoft、Googleの大手クラウドベンダー3社ではなく、それ以外のベンダーが提供するクラウドサービスが適していることがある。複数ベンダーのクラウドサービスの中から、それぞれの用途に最適なクラウドサービスを組み合わせて利用する「マルチクラウド」が主流となりつつある現在、こうした“ニッチ”なクラウドサービスの利用も一考に値する。

 本資料は、大手3社以外のベンダーが提供するクラウドサービスを選ぶメリットと注意点を整理し、こうしたクラウドサービスの例としてDigitalOceanとAlibaba Cloudが提供するサービスの特徴を説明する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録をすることで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ