植物性タンパク質メーカー大手、電気トラックと充電ステーションの提供体制を強化 その狙いはTransport Dive

「食卓までの道のりをよりエコに」と話す同社。今回の取り組みは持続可能な未来を実現する上で始まりにすぎないようだ。

» 2022年09月22日 08時00分 公開
[Colin CampbellTransport Dive]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

Transport Dive

 輸送会社であるEinrideは2022年7月28日(現地時間)、植物性タンパク質メーカーのBeyond Meatがサプライチェーンに電気トラックと充電ステーションを提供するために同社と契約したと発表した(注1)。

 このパートナーシップの第一段階として、両社はEinrideの5台のトラックとそれをサポートする充電インフラを配備すると発表した。充電器とトラックが米国のどこに設置されるかは明らかになっていない。Einrideは今後5年間で、Beyond Meatの米国事業全体で同社のデータプラットフォームに接続された電気トラックの規模を拡大する予定だ。

両社の取り組みは持続可能な未来を実現するための始まりにすぎない

 Einrideのニクラス・ライネダール氏(ゼネラルマネジャー)はBeyond Meatとのパートナーシップに対して「このパートナーシップは『持続可能な未来のために』という両社の努力が一致し、自然にフィットした」と述べた。

© Industry Dive. All rights reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR