メディア
製品比較
» 2020年08月19日 18時59分 公開

「ニンテンドースイッチ用SDカード」おすすめ7選 高コスパな定番を紹介!【2021年最新版】

ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)を買ったら、「SDカード」を使ってメモリ容量を増やしておくと快適に遊べます。ダウンロード版ソフトや体験版ソフトを本体メモリ容量を気にせずにたっぷり遊べる上、画面をキャプチャーした写真や動画を大量に保存しておくこともできます。ニンテンドースイッチ用SDカードの選び方と、おすすめ製品を紹介します。

[Fav-Log]

 ニンテンドースイッチ(Nintendo Switch)を買ったら、「SDカード」を使ってメモリ容量を増やしておくと快適に遊べます。ダウンロード版ソフトや体験版ソフトを本体メモリ容量を気にせずにたっぷり遊べる上、画面をキャプチャーした写真や動画を大量に保存しておくこともできます。

 SDカードは多くの商品が販売されていますが。ニンテンドースイッチで使う場合にチェックしておきたいポイントがあります。ここではニンテンドースイッチ用SDカードの選び方と、おすすめ製品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

ニンテンドースイッチ用SDカード サムスン「EVO Plus microSD」(出典:Amazon)、ホリ「microSDカード for Nintendo Switch」(出典:Amazon

ニンテンドースイッチ用SDカード:ソフトの大容量化に余裕をもって対応しよう!

ニンテンドースイッチ用SDカード

 ニンテンドースイッチ(ライト含む)の本体には保存用メモリが内蔵されており、その容量は32GBです。ただ、本体用ソフトなどがあらかじめインストールされているため、購入した時点で利用できるのは25GB程度となっています。

 保存用メモリ容量を増やしたいなら、スイッチ本体のSDカードスロットに対応SDカードを挿せばOKです。ただし、SDカードにはゲームソフトと画面キャプチャー(写真・動画)を保存できますが、ゲームのセーブデータは本体メモリにのみ保存されます。ゲームソフトをSDカードから消してもセーブデータは本体に残されているので、またゲームソフトをダウンロードすれば同じセーブデータで遊べるという仕組みです。

  本体メモリ SDカード
セーブデータ ×
ゲームソフト
画面写真・動画

大容量ソフトでも安心! スイッチ用SDカード

 遊びたいと思った時にすぐに購入できるなど、メリットが多いゲームソフトのダウンロード版。最近はダウンロード版のみのソフトも増えているほか、発売前にダウンロードできる体験版が公開されることも多くなっています。

 便利なダウンロードソフトですが、気になるのがソフトのデータサイズ。人気ソフト「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」(スマブラ)のダウンロード版は16.0GB、「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は14.4GB、「あつまれ どうぶつの森」は6.7GB──と大容量。スマブラだけでも本体内蔵メモリの半分を占めてしまうことになります。

タイトル ダウンロード版の容量
あつまれ どうぶつの森 7.1GB
マリオカート8 デラックス 6.9GB
桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜 1.6GB
スプラトゥーン2 6.1GB
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL 16.7GB
ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 14.4GB
ピクミン3 デラックス 6.5GB
ポケットモンスター ソード 12.4GB
世界のアソビ大全51 2.3GB
天穂のサクナヒメ 6.3GB
ペーパーマリオ オリガミキング 6.5GB
モンスターハンターライズ 8.1GB
New ポケモンスナップ 6.0GB
ルーンファクトリー5 5.7GB
ミートピア 3.1GB

 最近のソフトは、発売後に追加ダウンロードコンテンツ(DLC)がリリースされる傾向にあります。ソフト本体は内蔵メモリで大丈夫だったとしても、DLCを追加していくと残り容量が足りなくなる可能性もあります。ソフトは大容量なSDカードに保存しておくようにしておけば、DLCや体験版などを追加していっても余裕をもって対応できるでしょう。

 画面キャプチャーも多くなれば意外にデータ容量を食うもの。スイッチにSDカードを挿すと、画面写真・動画の保存先は自動的にSDカードに設定され(後で変更可能)、本体メモリを気にせずに画面写真・動画を残せるようになります。

 スイッチのメモリの使用状況は、ホームメニューの「設定」−「データ管理」から確認できます。本体とSDカード間のデータ移動やデータの整理などもここで行えます。

ニンテンドースイッチ用SDカード スイッチのメモリの使用状況は、ホームメニューの「設定」−「データ管理」からチェック

ニンテンドースイッチ用SDカードの選び方:種類と速度をチェック!

ニンテンドースイッチ用SDカード 1円玉以下のサイズに大容量データを保存できるmicroSDカード

 ニンテンドースイッチ(ライト含む)に対応しているのは「microSDカード」という、手の指の爪ほどのサイズのカードです。microSDカードには「microSDメモリーカード」「microSDHCメモリーカード」「microSDXCメモリーカード」の3種類があり、順に最大容量が大きくなっています。

 「microSDメモリーカード」は容量が最大2GBしかないため、現在ではスイッチのためにあえて探して購入する必要はありません。「microSDHCメモリーカード」「microSDXCメモリーカード」の2種類から選ぶことになります。

microSDHCメモリーカード

 容量が4GBから最大32GBのmicroSDカードです。4GB、8GB、16GB、32GBの4種類が販売されており、比較的安価に購入できます。

microSDXCメモリーカード

 microSDHCメモリーカードの上位規格となるmicroSDカードです。容量は32GB〜2TBと、かなりの大容量まで対応可能。ダウンロード版ソフトをたくさん入れて持ち歩きたいという場合はmicroSDXCを選ぶことになるでしょう。

 ただし、購入直後のニンテンドースイッチでmicroSDXCカードを利用する場合、インターネットに接続して本体ソフトを更新する必要がありますので注意しましょう。

読み込み速度の速いカードを選ぼう

 ニンテンドースイッチで快適に遊ぶために、任天堂はデータの読み込み速度(転送速度)が高速なmicroSDカードの使用をすすめています。読み込み速度が遅いものを使うと、ゲームのロード時間が長くなるなどのデメリットが生じてしまいます。

 任天堂は具体的な目安として、「UHS-I」(Ultra High Speed Phase I、最高104 MB/s)に対応し、読み込み速度が60〜95MB/秒(MB/s)のものを挙げています。購入時にはカードの「読み込み速度」「転送速度」(MB/秒、MB/s)をチェックしましょう。

 より高速な「UHS-II」(Ultra High Speed Phase II、最高312MB/s)規格のカードも市販されていますが、ニンテンドースイッチは「UHS-II」規格には対応していません。「UHS-II」対応microSDカード自体は使えますが、同規格を生かした高速な転送速度で読み込むことはできません。

ニンテンドースイッチ用SDカードの選び方:容量の目安は?

ニンテンドースイッチ用SDカード ゲームソフトの大容量化が進んでいます 

 パッケージ版ソフトを購入することが多い人なら、SDカードは32GBまでの容量でも対応できるでしょう。SDカードには主に画面写真・動画を保存し、体験版ダウンロードソフトは本体かSDカードに保存して不要になれば消去──といった用途なら十分です。

 ダウンロード版ソフトを購入する人なら32GB以上を、できれば64GB以上あると余裕を持って対応できます。安価だが容量の小さいカードを使い、いっぱいになったら新しいカードを交換するという使い方もありますが、microSDカードは小さくてなくしやすいので、1枚に統一してしまったほうが快適です。

 メモリカードの価格は年々下がっています。2021年5月現在、Amazonで購入できる世界的なメーカーの製品は、64GBが1200円前後、128GBが2000円前後と手ごろな価格に。256GBも4000円台で購入できます。現在は余裕のある128GBタイプが売れ筋です。

SDカードの容量がいっぱいになったら?

 SDカードの容量がいっぱいになってしまった場合、本体のホームメニューの「設定」−「データ管理」からデータの移動や整理が行えます。ダウンロード版ゲームソフトは消去しても、後から再びダウンロードすることができます。

 パソコンを使えば、SDカードの中身を丸ごとパソコンにコピーして、別のSDカードに移し替えることも可能です。ただし任天堂によると、パソコンがWindows以外(Macなど)では正しくコピーできない場合があるとのことです。

 ちなみに、スイッチのゲームソフトを保存した複数のSDカードを、パソコンを使って後から1枚の大容量カードにコピーしてまとめることはできません。また、ほかのニンテンドースイッチで使っていたSDカードを使う場合、そのSDカードに保存されているデータは消去しないと使えません。

ニンテンドースイッチ用SDカード:おすすめはコレ!

サムスン(Samsung) EVO Plus microSD

 メモリメーカーとして世界最大手のサムスン(Samsung)が販売するmicroSDカード。UHS-Iに対応し、読み込み速度は最大100MB/s。ニンテンドースイッチでの動作を確認済みだとしており、任天堂の公式ショップ「My Nintendo Store」で販売しているカードの1つがこの「EVO Plus microSD」です。10年保証付き。

 容量は32GB(microSDHC)、64GB(microSDXC、以下同)、128GB、256GB、512GBの5種類。Amazonでは64GBが約1200円、128GBが約2100円(2021年5月現在)とコスパも高く、売れ筋ランキング上位の常連となっています。

サンディスク(SanDisk) Ultra microSD

 メモリカードの世界的なメーカーとして知られるサンディスク(SanDisk)のmicroSDカードです。UHS-Iに対応し、読み取り速度は最大100MB/s。ニンテンドースイッチでの動作を確認済みだとしています。

容量は32GB(microSDHC)、64GB(microSDXC、以下同)、128GB、256GB、400GB、512GBの計6種類。Amazonでは64GBが約1400円、128GBが約2000円(2021年5月現在)とコスパに優れており、サムスン製品と並んで売れ筋ランキング上位の常連となっています。

トランセンド(Transcend) microSDカード

 メモリカードで定評のあるトランセンド(Transcend)のmicroSDカード。UHS-Iに対応し、読み込み速度は最大95MB/sです。ニンテンドースイッチでの動作を確認済みとしています。5年保証付き。

 容量は16GBと32GB(microSDHC)、64GB(microSDXC、以下同)、128GB、256GB、512GBの計6種類。Amazonでは64GBが約1300円、128GBが約2000円(2021年5月現在)とコスパに優れる人気のカードです。

キングストン(Kingston) microSDカード

 メモリ製品の老舗、キングストン(Kingston)のmicroSDカード。UHS-Iに対応し、読み込み速度は最大100MB/sです。「永久保証」(無期限保証)が付いています。

 容量は32GBのmicroSDHC、64GB、128GB、256GB、512GBのmicroSDXCの計5種類。Amazonでは64GBが約1200円、128GBが約2000円(2021年5月現在)となっています。

Gigasotone microSDカード 4K Game Turbo

 メモリカード製品などを展開する台湾系のブランド「Gigastone」のmicroSDカード。UHS-Iに対応し、読み込み速度は最大100MB/sです。ニンテンドースイッチ対応をうたうほか、10年保証と「5年データ回復保証」をうたっています。

 容量は64GB、128GB、256GB、512GBの5種類(microSDXC)。Amazonでは64GBが約1700円、128GBが約2600円円(2021年5月現在)となっています。

ホリ microSDカード for Nintendo Switch

 コントローラーなどゲーム周辺機器を販売するホリのmicroSDXCカード。書き込みテストに適合した任天堂公式ライセンス商品。任天堂の公式ショップ「My Nintendo Store」で販売しているカードの1つです。UHS-Iに対応し、読み込み速度は80MB/s。容量は16GB、32GB、64GB、128GB、256GBの5種類です。

 海外ブランドのカードに比べるとやや割高ですが、任天堂公式ライセンスを受けているという安心感があります。

ホリ ポケットモンスター microSDカード for Nintendo Switch 32GB ピカチュウ

 任天堂の公式ライセンスを受けたmicroSDカードですが、32GBタイプ(microSDHC)には、ポケットモンスターの「ピカチュウ」をイメージしたイエローカラーに、ピカチュウのシルエットがプリントされているスペシャル仕様。付属のSDカードアダプタもモンスターボールのデザインとなっており、ポケモンファンならうれしいカードです。レッドカラーの64GB版(microSDXC)もあります。

microSDカード 最新人気ランキング

 ショッピングサイトではどんなmicroSDカードが人気なのでしょうか。以下のリンクからチェックしてみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.