メディア
製品比較
» 2020年09月25日 17時51分 公開

【Amazon】新型「Echo」(エコー)が一気に勢ぞろい! ボールのような新デザイン、車で使うための新モデル「Auto」も登場

Amazonのスマートスピーカー「Echo」(エコー)シリーズの新ラインアップが発表されました。新しいEchoはデザインを一新、これまでの円筒形からボールのような球形になり、車載専用の「Echo Auto」(エコーオート)や、自ら首を振って画面を見せてくれる「Echo Show(エコーショー)10」も登場しています。

[Fav-Log]

 Amazonのスマートスピーカー「Echo」(エコー)シリーズの新ラインアップが9月25日に発表され、予約注文の受け付けが順次スタートしています。新しい「Echo」と「Echo Dot」(エコードット)はデザインを一新し、ボールのような球形に。車載専用の「Echo Auto」(エコーオート)や、自ら首を振って画面を見せてくれる「Echo Show(エコーショー)10」も登場しました。

Echo

 Echoシリーズは、音声認識技術「Alexa」(アレクサ)を活用し、音声を使ってリモート操作が可能なスマートスピーカー。Spotifyなどストリーミングサービスの音楽を再生したり、天気予報やニュースを読み上げたり、ストリーミングサービス「スキル」と呼ぶさまざまな機能を追加して音声で操作したり、電源プラグや照明機器などの対応機器を音声でオンオフしたり──と、さまざまなことが可能です。

新型「Echo」と「Echo Dot」 球形のデザインに一新

 基本となるモデルの「Echo」と、コンパクトな「Echo Dot」(エコードット)はそれぞれ第4世代へとアップデート。Echoは茶筒のような円筒形、Echo Dotはチョコパイのような円形でしたが、新モデルは球形へと一新されました。

Echo Plusの機能を取り込んだ新「Echo」

10月22日発売 1万1980円

Echo

 Echoでは、これまで上位モデルの「Echo Plus」が備えていた「スマートホームハブ」(Zigbee対応)と温度センサーを搭載。対応スマートデバイスを簡単にセットアップして音声操作できるようになっています。

 音質も刷新。上向きの3インチウーファーと2つのツイーター(0.8インチ)を搭載することで、高音から低音までリッチで細やかなサウンドを再生します。Amazon Music、Apple Music、Spotifyなどに対応しています。

 サイズは144(幅)x144(奥行き)x133(高さ)mm。本体カラーは3種類です。

球形になった「Echo Dot」

10月22日発売 5980円(「with clock」は6980円

Echo Dot

 コンパクトモデルの「Echo Dot」と、デジタル表示の時計付き「Echo Dot with clock」もそれぞれ球形に。ボール形の本体に1.6インチスピーカーを内蔵し、明瞭なボーカルとバランスの取れた低音で豊かなサウンドを再生してくれます。サイズは100(幅)x100(奥行き)x89(高さ)mm。

 Echoシリーズで最も売れているのが「Echo Dot」。スマートホームハブ機能など除いてEchoのほとんどの機能が利用でき、コストパフォーマンスの高いモデルです。

「Echo Auto」 車で使うためのEchoが新登場

9月30日発売 4980円

Echo Auto

 Echo Autoは車で使うために考えられたEchoシリーズの新モデルです。スマートフォン(Alexaアプリ)と組み合わせて使うのが前提となっており、ストリーミング音楽再生など各種サービスや機能はスマホのモバイル通信を介して利用し、オーディオ出力端子かBluetooth経由で車内のスピーカーに音声を出力する仕組みです。

 Alexaを活用し、ドライブ中に話しかけるだけで音楽を再生したり、さまざまなスキルを利用したりといったことが可能です。ラジオ配信サービス「Radiko」(ラジコ)にも対応しており、カーラジオを音声操作するといった風にもなります。騒々しい車の中でも、8つのマイクを活用して音声認識が可能だとしています。

Echo Auto

 電源は車内のシガーソケットかUSBポートを利用。サイズは85(幅)x47(奥行き)x13.28(高さ)mmと手のひらサイズで、設置場所の自由度は高そうです。

 Echo Autoは車載用となっていますが、アイデア次第で車内にとどまらず、さまざまな使い方ができそうな楽しみなモデルです。

「Echo Show 10」 自動的に画面をユーザーに向けてくれる首振り機能

近日発売 2万9980円

Echo Show 10

 ディスプレイを搭載する「Echo Show」シリーズの最上位モデルとなる新型「Echo Show 10」(第3世代)は、10.1インチディスプレイ(1280×800ピクセル)と左右の首振り機能を搭載しています。

 ユーザーが部屋の中を移動しても自動的にディスプレイの向きが変わり、ビデオ通話や再生中の動画を常に見ることができます。ビデオ通話中は自動的に自分を追いかけてフレーミング。外出先から内蔵カメラにアクセスすれば、部屋の様子を左右に見渡すといったことも可能です。

 動画サービスはPrime Videoなどのほか、Netflixにも対応を予定しています。

Echoシリーズの新ラインアップ

Echoシリーズ 最新人気ランキング

 Echoシリーズの売れ筋ランキングは以下のリンクからチェックしてみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.