メディア
製品比較
» 2020年10月31日 08時20分 公開

「USB付き電源タップ」おすすめ3選 USBポートで充電できる【2020年最新版】

スマートフォンやタブレット、音楽プレイヤーなどを充電するときに便利な「USB付き電源タップ」。今回はUSB付き電源タップの選び方とおすすめの製品を紹介します。電源タップの周辺をすっきりできますよ。

[Fav-Log]

 スマートフォンやタブレット、音楽プレイヤーなどを充電するときに便利な「USB付き電源タップ」。USBポートが付いているため、ACアダプターを用意しなくても、直接充電が行えます。

「USB付き電源タップ」おすすめ3選 差し込み口が増やせる【2020年最新版】 出典:Fargo「タップキングUSB ホワイト」

 もちろん普通のコンセントプラグもありますから、パソコンやテレビ、ゲーム、電化製品の電源確保にもなります。

 今回はUSB付き電源タップの選び方とおすすめの製品を紹介します。電源タップの周辺をすっきりできますよ。

USB付き電源タップ:まずはタイプ別の特徴を理解しよう

 USB付き電源タップは大きく分けて、「直付けタイプ」と「延長コードタイプ」があります。利用シーンに応じて向き不向きがありますので、どちらが必要か選びたいですね。

 直付けタイプは、壁のコンセントに直接取り付けて使用するものです。コードがないところも特徴の一つ。テレビやゲーム機、冷蔵庫などコンセント近くで使用する製品が多い場合は、直付けタイプが適しています。手のひらサイズと小型なので持ち運びも簡単。旅行先、出張先に持っていくときに便利です。

USB付き電源タップ:まずはタイプ別の特徴を理解しよう 出典:トップランド「USBスマートタップ2.4Aプラス」

 電源タップのサイズが大き過ぎると、コンセントの差し込み口の一つをふさいでしまう可能性があるので注意が必要です。サイズはもちろん、コンセントに取り付けるときの向きも確認し、被らないようにしましょう。

 延長コードタイプは、延長コード付きなので壁のコンセントから遠いところでも差し込み口を確保できます。直付けタイプと比べて、差し込み口の数が比較的多いのもメリット。なかには、節電用のスイッチ付きの製品もあります。使わないときにスイッチをオフにしておけば、待機電力を使わずに済み節電効果が期待できます。

 ただし、実際に使ってみると延長コードの長さが足りないこともあります。購入前に、必要な長さを把握しておきましょう。延長コードを使うため、配線がごちゃごちゃする可能性があります。置く場所に注意しないと、足を引っかけることもあります。

 他にも、「タワー型」の電源タップがあります。机などに立てて使う製品です。横型の電源タップよりも、縦に伸びている分、あまり場所を取りません。省スペースでありながら、タワー型の製品には多くの差し込み口が設けられています。

USB付き電源タップ:差し込み口の個数をチェック

 持っている電子機器の数が多い場合は、差し込み口の数も多いものを選びましょう。

USB付き電源タップ:差し込み口の個数をチェック 出典:エレコム「電源タップ タワー型 ECT-0720BK」

 ACアダプターなどプラグ周りが大きいものを使うときは、差し込み口同士の間隔が広いタイプか、差し込み口の角度を調整できるタイプがおすすめです。これなら隣の差し込み口をふさぐことはなく、近くのプラグ同士が影響し合って発火するようなリスクも軽減できます。

 ちなみに、USBポートはおまけのように付いていることが多く、USBポートが1個だけというケースも少なくありません。必要な数のUSBポートがあるか必ずチェックしましょう。

USB付き電源タップ:発火を防止する安全機能をチェック

 家具・家電の下や裏に電源タップを置いていると、ほこりがたまり接続不良や発火の原因になることがあります。こまめに掃除を行うのが基本ですが、「トラッキング防止機能」が付いていると発火のリスクが減らせます。プラグの根元に絶縁キャップを付け、ほこりに電気が流れないようにする機能です。

USB付き電源タップ:発火を防止する安全機能をチェック 出典:エレコム「電源タップ タワー型 ECT-0720BK」

 「ホコリ防止シャッター」があれば、さらに安心です。電源タップを使用していないときは、差し込み口のシャッターが閉まりほこりの侵入を防ぎます。洗面台や台所での使用を検討中なら、防水機能も大切です。漏電を避けるために、カバー付きのもの、防水設計のものを選びましょう。

 落雷による過剰な電流を防止する機能として「雷ガード」というものがあります。急な落雷でパソコンのデータが破損する、高価な家電が故障するなど、こうした落雷による被害を軽減できる機能です。必ず防げるわけではありませんが、リスクを下げることはできます。

USB付き電源タップ:おすすめモデルはコレ!

トップランド「USBスマートタップ2.4Aプラス」

 トップランドの「USBスマートタップ2.4Aプラス」は、直付けタイプの電源タップです。

「USBスマートタップ2.4Aプラス」 「USBスマートタップ2.4Aプラス」

 コンセント差し込み口が3個、USBポートが2個付いています。USBポートからスマートフォンやタブレットの充電が行えます。プラグは180度回転するので、使わないときは畳んで収納できます。

 サイズは片手に乗るくらい小さく、持ち運びやすい製品です。販売価格は1000円前後です。

Fargo「タップキングUSB ホワイト」

 Fargoの「タップキングUSB ホワイト」は、延長コードタイプの電源タップです。コンセント差し込み口が6個、USBポートが2個付いています。コードの長さは1.8メートル。

「タップキングUSB ホワイト」 「タップキングUSB ホワイト」

 6個の差し込み口は回転させることができ、差し込み口の角度を自由に変更できます。落雷による被害を軽減する「セーフティー雷サージガード機能」を搭載。プラグには絶縁キャップが付いており、トラッキング火災の予防に役立ちます。

 「ホコリ防止シャッター」により、ほこりの侵入を防ぐことができます。販売価格は3035円(税込、以下同)です。

エレコム「電源タップ タワー型 ECT-0720BK」

 エレコムの「電源タップ タワー型 ECT-0720BK」は、タワー型の電源タップです。コンセント差し込み口が12個、USBポートが5個、コードの長さは2メートルです。

「電源タップ タワー型 ECT-0720BK」 「電源タップ タワー型 ECT-0720BK」

 「ほこり防止シャッター」を搭載しており、差し込み口へのほこりの侵入を防止。発火防止に役立つ「トラッキング防止プラグ」を採用。高電圧による被害を避けるための機能も付いています。

 机の上に置いても安定するよう、付属のネジで固定できます。裏には底面ラバーが付いており、滑りにくい仕様です。販売価格は7656円です。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング