メディア
製品比較
» 2021年05月07日 19時00分 公開

【新製品】カセットガス炊飯器「HAN-go」、イワタニから登場 火加減調節が不要、キャンプで手軽に直火炊き!

カセットガス(CB缶)を使う炊飯器「HAN-go」を「イワタニ」(岩谷産業)が発売。持ち運びができ、キャンプでの利用もOK。火加減の調整が不要で、簡単に直火炊きを楽しめるようになっています。

[Fav-Log]

 カセットガス(CB缶)を使う炊飯器「HAN-go」を「イワタニ」(岩谷産業)が発売しました。屋内のほか、キャンプなどアウトドアに持ち出しての利用もできるポータブルタイプ。直火炊きのご飯がおいしいのは知っているけど、ちょっと難しそう……というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、「HAN-go」は火加減の調整が不要になっているのが特徴。簡単に直火炊きを楽しめるようになっています。

イワタニのHAN-go

「HAN-go」:火加減調整が不要で簡単に直火炊き

イワタニのHAN-go

価格:5万9800円(税込)

 「カセットガス炊飯器 HAN-go」(CB-RC-1)は、入手しやすいカセットガスを燃料として使う炊飯器。1合〜5合炊きで、炊飯時間は1合なら約12分、5合なら約18分。カセットガス1本で、1合なら約19回、5合なら約8回の炊飯が可能だとしています。

イワタニのHAN-go

 釜(手入れしやすいフッ素加工済み)をセットした後は、レバーとつまみを操作するだけでOK。火加減の調整不要で、ガス直火によるふっくらとした炊きたてご飯を楽しめます。商品名の「HAN-go」には、「手軽に持ち出し、飯ごうで炊いたような、本格的で美味しいごはんを楽しんでもらいたい」という思いが込められています。

イワタニのHAN-go

 本体サイズは275(幅)×275(奥行き)×334(高さ)mm、重さ約5kg(カセットガス含まず)と比較的コンパクトなデザインです。ホースやコード類はなく、本体のハンドルで持ち運びは簡単。普段は自宅で使い、キャンプにも持ち出すといった使い方が容易です。

アウトドアで使える炊飯アイテム「ライスクッカー」「飯ごう」

 アウトドアでおいしいご飯を炊きたいなら、「ライスクッカー」や「飯ごう」が定番アイテム。キャンプ用の「羽釜」もあります。

「メスティン」で手軽に炊飯!

 お弁当箱のような形状の飯ごう「メスティン」。固形燃料と組み合わせた“自動炊飯”などで手軽に炊きたてご飯を楽しめる人気のクッカーです。

アウトドア用飯ごう 最新ランキング

 ショッピングサイトではどんなアウトドア用飯ごうが人気なのでしょうか。以下のリンクからチェックしてみてください。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.