メディア

「子連れキャンプ」に便利なグッズ5選 楽ちん調理&親子で快適に使えるアイテム【2022年5月版】

» 2022年05月24日 12時30分 公開
[Fav-Log]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 雨の日が多いですが、たまの晴れ間は出かけたくなりますよね。これからはアウトドアの季節です。キャンプなどを計画している人もいるかもしれません。

フォト イワタニ「カセットフー タフまる」(出典:Amazon

 今回は、子連れでキャンプをする時に便利なアイテムを紹介します。

持ち物チェックリストを作ろう

 子連れキャンプは荷物が多くなりがちです。何十種類も必要な物があるので、忘れないように「持ち物チェックリスト」を作っておくとよいでしょう。

フォト Markus Spiske/unsplash.com

 子供の年齢や季節などによって持ち物が変わるので、リストは毎回見直すようにしたいですね。また、家族の常備薬や健康保険証・医療証、絆創膏などの救急セット、虫よけ対策アイテムは必需品となるので、忘れないようにリストに記載しましょう。

手間を省く便利グッズは積極的に取り入れよう

 テントの設営や料理など、時間や手間がかかるものに大人が付きっきりになってしまうと、子供が退屈してしまったり、迷子になってしまったり……なんてこともあります。

フォト イワタニ「カセットフー タフまる」(出典:Amazon

 設営が簡単なテントやアイテムもありますし、ガス式コンロやバーナーの活用を考えてもよいでしょう。便利なアイテムはどんどん活用していきましょう。

手作りして楽しむのもアリ!

 あれが必要だ、これも必要かもしれない……などと考えていると、持ち物はどんどん増えていきます。持っていける物は限られているので、遊び道具などは必要最低限の物を持っていくとよいでしょう。

フォト Ben McLeod/unsplash.com

 例えばタコ糸やビニールひも・テープを持っていくことで、子供たちが自分でペットボトルなどのごみや枝などを活用して必要な道具を作ることもできます。ないなら作る、というのもキャンプの醍醐味ではないでしょうか。

「子連れキャンプ」にあると便利なアイテムはコレ!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「キャンプ用簡易ウォータージャグ」

 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の「キャンプ用簡易ウォータージャグ」は、折りたためて持ち運びに便利なウォータージャグです。家族の人数が増えると、調理や身支度の時などのちょっとした時に水を使う機会が増えます。

フォト キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「キャンプ用簡易ウォータージャグ」(出典:Amazon

 その度に炊事場に行くのも大変なので、ウォータージャグがあると重宝します。キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の「キャンプ用簡易ウォータージャグ」は小さくたためるので、荷物が多くても持っていくことができるでしょう。また無菌系抗菌剤を使用しているので、細菌の発育や増殖を防止するのもうれしいポイントです。容量は16L。実売価格は1200円前後です。

コールマン(Coleman)「アウトドアワゴン」

 荷物が多い子連れキャンプには、ワゴンが必要ですよね。コールマンの「アウトドアワゴン」は人気なので、使っている人を見たことがある人も多いでしょう。

フォト コールマン(Coleman)「アウトドアワゴン」(出典:Amazon

 サイズは約88(幅)×31(高さ)×42(奥行)cmと大きく、耐荷重が約100kgとしっかりしているのが魅力です。またコンパクトに折りたたむこともできるので、車に積んでおいても邪魔になりません。さらに別売りのテーブルやレインカバーがあるので、必要に応じて購入できるのも便利ですね。実売価格は1万円前後です。

イワタニ「カセットフー タフまる」

 キャンプ初心者の人や小さな子供がいて目が離せない人におすすめなのが、イワタニの「カセットフー タフまる」です。

フォト イワタニ「カセットフー タフまる」(出典:Amazon

 カセットコンロはすぐに調理できるので、調理の時短につながります。またイワタニの「カセットフー タフまる」は、ダブル風防ユニットを搭載しているので、2段階のプロテクトで炎に影響を及ぼす風を防ぎます。さらに、風の影響で炎が消えにくい多孔式バーナーとなっています。

 専用ケースが付いているので、持ち運びにも便利ですね。実売価格は7000円前後です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「キャンプマット」

 シュラフの下に敷いて使用することで、保温性やクッション性を高めてくれるのがキャンプマットです。子供にとっても、大人が作業している間に待機したり、昼寝をしたりする時に便利に活用できます。

フォト キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「キャンプマット」(出典:Amazon

 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の「キャンプマット」のサイズ(シングル)は約56(幅)×182(高さ)×2(奥行)cmと十分な大きさがありますが、重さは約270gと軽く、折りたたんでコンパクトサイズになります。実売価格は1900円前後です。

コールマン(Coleman)「アウトドアドライバッグ」

 アウトドアに1つあると便利なのが、ドライバッグ(スタッフバッグ)です。雨具やぬれてしまったギアなどをそのまま入れる時や、ぬれると困る物を入れる時に重宝します。子供は着替える頻度が多いので、汚れ物をまとめておきたい時にも便利です。

フォト コールマン(Coleman)「アウトドアドライバッグ」(出典:Amazon

 コールマン(Coleman)の「アウトドアドライバッグ」はショルダーベルトが付いているので、持ち運びしやすいでしょう。また上部はロールアップになっているので、水の侵入をしっかり防ぎます。サイズは、容量が約35LのMと、約110LのLです。実売価格はMサイズが2500円前後となっています。

こちらの記事も要チェック!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  1. 今売れている「草刈り機」おすすめ3選&ランキング 一番人気は取り回しの良い除草バイブレーター! 4000円前後で買えてコスパ抜群【2024年7月版】
  2. 【付録】スヌーピーの「ポーチ&身だしなみセット」が登場 毎日持ち歩きたい! ブラック×オレンジがおしゃれな便利アイテム
  3. 【車中泊】買って良かった「ポータブルクーラー」 睡眠モードが優秀すぎる! 暑くても、朝までぐっすり眠れる優秀アイテム
  4. 【付録】ファミマで買える「スヌーピーのインテリアトート」が登場 出しっぱなしでもカワイイ! 整理しやすい大きな収納ボックス
  5. 【ワークマン】疲れを軽減する「コンプレッションウェア」を着てみた 1500円の高機能インナー、効果は? 同シリーズのカーフスリーブ&アームスリーブも使ってみた【後編】
  6. 【強コスパ】無印の「ドリンクボトル」がとてもいい。素材も使い勝手もうれしい逸品です
  7. ワークマンの「リカバリーウェア」を約1年間着てみた 1000円台の高機能ウェア、実力は?【前編】
  8. ワークマンの「グルカサンダル」が今年も登場 実は歩きやすくて、疲れにくい! ワークマン好きもおすすめのサンダルは要チェック
  9. ワークマンの「ひんやり涼しいウェア」3選 499円の“放熱冷感Tシャツ”が快適すぎる【後編】
  10. 「G-SHOCKのアナログモデル」おすすめ&ランキング タフネス&唯一無二のデザインが魅力!【2024年7月版】