メディア
製品比較
» 2020年10月15日 19時10分 公開

「ペグ」おすすめ11選【2020最新版】快適なキャンプは地面から! 超重要アイテム

テントやタープなどを固定する「ペグ」は快適なキャンプのための必需品。形状や材質でさまざまな種類に分けられ、状況に応じて使い分けることも必要です。ペグのチェックポイントと、おすすめ商品を紹介!

[Fav-Log]

 テントやタープなどの固定に必要な「ペグ」。ロープなどを張り続けるために地面に打ち込むだけのシンプルな道具ですが、テントもタープもペグがなければ始まりません。快適なキャンプを地面からサポートする必需品がペグなのです。

 テントなどを購入した際に付属するペグをそのまま使っている人も多いと思いますが、地面の状況によっては刺さらないものもあります。強度に優れたペグを使えば、固い地面であっても、風の強い日であっても、しっかりと幕を固定できます。打ち込みやすいペグならスムーズに設営が行えますし、状況に応じて使い分けることも可能です。

 テントやタープは変われど、優れたペグは長く使えるもの。キャンプ地に到着し、お気に入りのペグを打ち込む瞬間はキャンパーが知っている楽しい時間の1つです。ここでは、ペグを選ぶ際のチェックポイントやおすすめ商品を紹介していきます。ぜひペグ選びの参考にしてください。

ペグ

ペグ:主な種類を知っておこう

鍛造ペグ

鍛造ペグ 出典:スノーピーク(snow peak)

 金属に圧力を加える「鍛造」により作られた、頑丈なペグです。ハンマーでがんがんと打ち込むことができ、固い地面にも対応できるタフさが特徴です。砂地などゆるい地面には不向きですが、ほとんどのキャンプ地に対応できるでしょう。

 比較的高価な傾向にありますが、長く使うことができます。頑丈な分、重いのが欠点で、登山などには向いていません。

V字・Y字・X字ペグ、U字ペグ

V字・Y字ペグ 出典:MSR

 断面がV字、Y字、X字のペグで、土と接する面積を大きくすることで抜けにくくしています。固すぎない、一般的な地面に対応でき、比較的簡単に打ち込めるのが特徴です。断面がU字型のU字ペグは砂地などのやわらかい地面に向いています。

 V字ペグやU字ペグは重ねて収納できるのもポイント。Y字・X字ペグは重ねて収納はできませんが、V字ペグより強度があり、対応力も高くなっています。Y字、X字とも、抜いた時に土を落とすのがやや面倒なことがあります。

ピンペグ・ネイルペグ

ピンペグ

 ピン状のペグです。テントなどを購入すると付属していることが多いペグで、扱い安いのが特徴ですが、アルミなどの素材のものは曲がりやすいのが欠点です。ネイルペグはピン状のペグ本体に装着する樹脂製などのネイル(爪)にロープを引っかけるタイプです。

ペグ:素材もいろいろ、メリットとデメリット

ペグ

 ペグにはさまざまな素材が使われていますが、ほとんどは金属製です。

 鍛造ペグはスチール(鉄)製でタフですが、重いので登山やツーリングなどには不向きと言えます。アルミ製は軽量で安価な一方、軟らかく、曲がってしまいがちなのが欠点。アルミ合金であるジュラルミン製や、チタン製なら軽量かつ丈夫で、荷物を減らしたいキャンプにおすすめですが、比較的高価です。

 プラスチック製の軽量で安価なペグもあります。砂浜ややわらかい土のテントサイトのほか、公園でワンタッチテントやレジャーシートを気軽に固定したい時などに向いています。

ペグ:必要に応じた長さのものをそろえておこう

ペグ 出典:スノーピーク

 鍛造ペグなど、長さの異なる種類をラインアップしているペグがあります。長い方がしっかり打ち込めますが、不必要に長いと重くてかさばり、打ち込む労力も大きくなるので、必要に応じて複数の長さのペグを用意したほうがよいでしょう。

 複数の長さがラインアップされている鍛造ペグの場合、小型テントであれば20cm前後、ファミリーテントには30cm前後、風圧がかかるタープの固定には40cm前後のものが安心です。風が強い日にそなえて、テンションが最もかかる部分のために50cmのペグも用意しておくと心強いでしょう。

ペグ:おすすめモデルはコレ!

スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク

スノーピーク(snow peak) ソリッドステーク

 鍛造ペグの代名詞とも言えるのがスノーピーク(snow peak)のシンボル「ソリッドステーク」。同社の地元、新潟県の燕三条に伝わる鍛造製法で鍛えた鋼材に、防さび製の高い電着塗装でブラックカラーをまとわせています。円柱形のヘッドはハンマーで打ちやすく、同社の「ペグハンマーPro」で引き抜くのに便利なフック用の穴がついています。

 20cm、30cm、40cm、50cmの4種類をラインアップし、用途によって使い分けることができます。

エリッゼ(ELISSE) エリッゼステーク

エリッゼ(ELISSE) エリッゼステーク

 新潟県三条市の「村の鍛冶屋」が手がける「エリッゼステーク」は、スノーピークのソリッドステークと比較されることの多い人気の鍛造ペグです。「ELISSE」はイタリア語で「楕円」を意味しており、断面を楕円形にすることで地中での回転を抑えているのが特徴です。電着塗装のブラックカラーに加え、粉体塗装やメッキによるカラーバリエーションが多いのもポイント。長さごとに色を変えたり、つまずかないようにカラフルなものを選んだりといったことができます。

 18cm、28cm、38cmの3種類をラインアップしています。

エリッゼ(ELISSE) エリッゼステーク 64チタン 20cm MK-200TI

エリッゼ(ELISSE) エリッゼステーク 64チタン 20cm MK-200TI

 64チタン合金を採用したペグ。長さ20cmで重さは40gと、18cmの鍛造スチール製エリッゼステークの73.8gと比べ大幅に軽量です。

コールマン(Coleman) ジュラルミンYペグ18cm

コールマン(Coleman) ジュラルミンYペグ18cm

 コールマン(Coleman)のY字ペグ。ジュラルミン製で軽量ながら強度を高めています。コスパの高さもポイント。

ユニフレーム ステンレスペグ

ユニフレーム ステンレスペグ

 ユニフレームの日本製ペグで、長さは194mm、重さ50g。ステンレスと特殊形状で強度を高めています。重ねることでまとめて収納できるのも便利。

MSR グランドホグ ステイク

MSR グランドホグ ステイク

 高品質な登山用品で知られるMSRのY字型ペグです。アルミの採用で重さを13gに抑えつつ、Y字断面で設置面積と強度を高めています。長さは19cm。

MSR サイクロンステイク

MSR サイクロンステイク

 文字通りサイクロンのようなスクリュー状で地面への食いつきを高めています。アルミ製で重さは35g、長さは25cm。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) サンドペグ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) サンドペグ

 砂地などに適したプラスチック製のペグ。38cmと十分な長さがあり、ペグの穴にロープが通せるので作業がしやすくなっています。

スノーピーク(snow peak) ジュラルミンペグ

スノーピーク(snow peak) ジュラルミンペグ

 シンプルなピンペグですが、ジュラルミンを採用することで強度を高めています。長さは21cm、重さは19.5gです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ネイルペグ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ネイルペグ

 樹脂部分にロープを引っかけるネイルペグ。ペグ本体はスチール製の25cmで、価格も手ごろなのでテント付属ペグの予備にぴったり。

ロゴス(LOGOS) スクリューペグ2

ロゴス(LOGOS) スクリューペグ2

 芝生などのやわらかい地面に使えるねじ込み式のペグ。ハンマーがなくても、ワインの栓抜きのようにくるくると回すことで地面に入っていきます。

ペグ 最新人気ランキング

 ショッピングサイトではどんなペグが人気なのでしょうか。以下のリンクからチェックしてみてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.