キーワード
» 2003年02月28日 00時00分 公開

情報マネジメント用語辞典:インスタント・メッセージング(いんすたんと・めっせーじんぐ)

instant messaging / IM / IMing

[@IT情報マネジメント編集部,@IT]

 ネットワークでつながった相手(コンピュータ端末)に、瞬時(instant)にメッセージを送ること。またはその機能、サービス、ないしはシステムのこと。単純な文字列メッセージのほかに、ファイルなどが送信可能なものもある。

 電子メールのような非同期転送方式とは異なり、常にインスタント・メッセンジャー(インスタント・メッセージングを行うクライアントソフト)間で、同期を行うためユーザーはリアルタイムにコミュニケーションを行うことができる。

 これにより、送信する際に相手がオンライン(ログイン)しているかどうかを知ることができる“プレゼンス”と呼ばれる機能も提供する。

 オンラインのメンバー間では、メッセージの送受信以外に、チャット、ファイル交換、音声通話などが行える。また、ログアウトしている相手へメッセージを送っても、相手が再びログインしたときに、自動的にメッセージが開く仕組みなどがある。

 企業では、メッセージの交換だけでなく、IP電話や電子会議ツールとしての利用が増えてきている。グループウェアの機能としても取り入れられている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -