Special
» 2014年08月18日 10時00分 公開

掃除の効率を上げる影の主役「ツール」――20年の進化テクノロジー解説<3>(3/3 ページ)

[滝田勝紀,PR/ITmedia]
PR
前のページへ 1|2|3       

 

 ここまで紹介してきたツール類は、掃除機の吸引力をさまざまな場所に伝えるための“パッシブ(受動的)ツール”だ。一方、ツール自体に駆動部を設け、ブラシを回転させてパワフルにゴミを除去するものを“エンジニアリングツール”と呼ぶ。その代表が、「ミニモーターヘッド」だ。

 ミニモーターヘッドは、上部に搭載した小型モーターでブラシを高速回転させ、より高い集塵力を発揮するツールだ。回転ブラシは三角形を基本とした配置パターンになっており、ゴミが中央に集まってきたところを吸引する仕組み。ソファや布団のハウスダスト除去、自動車のインテリアなど用途は幅広い。底面は角度を変えても常に掃除対象に密着する構造になっている。

ミニモーターヘッド

ブラシがパワフルに回転することで、より高い集塵力を実現する「ミニモーターヘッド」。布団のハウスダスト除去にも威力を発揮する。



 ただし、モーターを搭載したツールはコードレス掃除機にとって不利な面もあった。パワフルにゴミやホコリを取り除く一方、どうしてもバッテリーの消費が早くなるからだ。

 その問題を解決したのが、吸引する空気の力でブラシを回転させ、モーターヘッドに負けない集塵力を実現する「タングルフリー タービンツール」。上部にある円形部分がメッシュ状になっており、掃除機を動かすと空気を吸引し始める。その力でタービンが回転し、底部にある2つの楕円形ブラシも回り出す仕組みだ。モーターを搭載していないために軽量で、さらに長い髪の毛や糸くずがブラシに一切絡まないという特徴もある。

タングルフリー タービンツール

「タングルフリー タービンツール」は長い髪の毛や糸くずがブラシに一切絡まないためメンテナンスフリー。回転ブラシは柔軟な素材でできているため、凹凸があるような表面などでも、適切な圧力をかけた状態できっちりと密着する。

回転ブラシを持ちながら、軽快に動かせる「タングルフリー タービンツール」。ソファーやラグマットの掃除に便利だ。ペットの毛、長い髪の毛などがブラシにまったく絡まない点も大きなメリットといえる


 このようにツールは、時代のトレンドやライフスタイル、住環境やユーザーニーズに合わせてどんどん生み出されてきた。ただ、これら革新的なツールの数々も進化の途上だ。もっと便利に、さらに効率良く掃除することを目指し、ダイソンの研究開発は続いている。

オプション:ペットの毛をまき散らさない「グルーミングツール」

「グルーミングツール」は、数年前に登場したダイソンのオリジナルツール。グルーミングの際、周囲に毛をまき散らしてしまうことに悩むペット愛好家が多かったため、ダイソンが英国内の動物病院と協力して開発した。極細の金属製ブラシでグルーミングを行ったあと、片手でハンドルを握ると絡まった毛が押し出される。と、同時に掃除機が稼働し、中央の吸引口で押し出された毛を吸いとる仕組み。周囲に毛をまき散らすこのない機能的なツールである。現在はオプションとして単体販売されている(税込7560円)



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ダイソン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia LifeStyle 編集部/掲載内容有効期限:2014年8月31日

関連リンク

DYSON TECHNOLOGY