Special
» 2014年12月22日 10時00分 公開

テクノロジー解説<6>:もっとスムーズに、もっと効率良く――「Dyson Hot+Cool AM09」を最大75%も静音化した手法とは? (2/2)

[滝田勝紀,PR/ITmedia]
PR
前のページへ 1|2       

 ミックスフローインペラーのブレードは“鳥の羽”のような波形にして風切り音を抑える。「AM05」ではフィンの先端に小さな穴を4つ設けることで前後の気圧差を抑える仕組みになっていたが、その後の研究で波形のほうがより効果的と判明したためだ。これは先に登場した扇風機「AM06/07」にも採用されている。

先代の「AM05」(左)はインペラーのブレード先端に小さな穴が4つ空いているが、「AM09」(右)では波形に変更した

 続いて、ループ部に続く空気の流路も見直した。モーターを覆う黒いパーツには「エアフィン」と呼ばれる突起が設けられ、空気の流れをガイドする。ループ部の根元にある空間も「AM05」より高さをとり、空気がぶつからないように配慮している。

 あわせて、モーターの駆動音そのものを抑えることにも注力した。例えば、モーターを支えるマウント部分には、新たにスプリングのダンパーを取り付けた。モーターを浮かせたような構造にすることで、音と振動が本体に直接伝わらない構造だ。

「エアフィン」と呼ばれる突起(左)。ループ部の根元にある空間。全体になだらかになっていることが分かる(右)

 「AM05」と「AM09」の外観はほとんど変わらない。しかし、空気の取り入れ口からループにいたるまで、その経路はすべて再設計されていることが分かるだろう。

 ダイソンのエンジニアたちは、騒音の発生源を見つけ出し、それを1つずつツブしていく。彼らは経験や勘には決して頼らない。理論と計算式を元に騒音との因果関係を冷静に割り出し、実験と検証を繰り返して、より効果的な手法を導き出すのだ。

 空気の流れがスムーズになった「AM09」は、同じ風量でもモーターの回転数を下げることが可能になり、従来機「AM05」に比べて最大75%の静音化と省エネ性能の向上を実現した。地道な努力の積み重ねが“エンジニアリング上の大きなチャレンジ”を成功させたのだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ダイソン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia LifeStyle 編集部/掲載内容有効期限:2014年12月31日

関連リンク

DYSON TECHNOLOGY

ダイソン製品のすべてが分かる!