ニュース
» 2007年05月15日 19時48分 公開

あおぞら銀行、3期連続で経常利益が増加

[Business Media 誠]

 あおぞら銀行は5月15日、2007年3月期決算を発表した。経常利益は前年同期比1.6%増の624億500万円で、3期連続の最高益を更新した。当期純利益は、貸倒引当金の取崩額が減少したため、同−32.1%減の815億1000万円。

 個人預金は、同8.9%増の1兆3850億円、貸出金は、同17.5%の3兆6846億円と大幅な伸びを示した。貸出面では、不動産関連と情報通信が堅調に推移したという。

 来期の業績予想は、経常利益が6.6%増の665億円、当期純利益が3.7%増の845億円としている。

 2000年に再民営化したあおぞら銀行に対し、政府は約3550億円の公的資金を投入した。現時点では2273億円ほど残っており、中期計画では全額返済を最優先に挙げている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -