ニュース
» 2007年07月18日 13時00分 公開

ネット証券初「経団連へ入会」、カブドットコム証券

約8割の個人投資家がネット証券を利用している。カブドットコム証券は経団連を通じて、個人投資家の声を伝えていくという。

[Business Media 誠]

 カブドットコム証券は7月17日、社団法人日本経済団体連合会(経団連)への入会が決まった。インターネット専業の証券会社が経団連に入るのは初めて。

 ネット証券の利用者が個人投資家の間で増えており、株取引では約8割が利用している。経団連への入会後は「個人投資家の声を代弁して、行政などに伝えていきたい」(カブドットコム証券)という。中でも「IT」や「金融」といった委員会に参加する予定。経団連が掲げる「イノベーションの推進」や「金融市場の活性化」などにも取り組んでいく。

 カブドットコム証券は三菱UFJフィナンシャルグループの連結子会社で、6月には日本格付研究所から長期A+(3段階引上げ)、短期J−1(1段階引上げ)に格上げを受けている(7月4日の記事参照)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -