コラム
» 2010年01月11日 08時00分 公開

引きこもりに男性が多い理由ちきりんの“社会派”で行こう!(2/3 ページ)

[ちきりん,Chikirinの日記]

「引きこもる能力」が高い男性

 同時に、「引きこもる能力」も男性の方が高いように思います。

 引きこもった人が何をやっているかというと、今ならPC、少し前はテレビゲーム、その前の時代がマンガでしょう。どれも圧倒的に男性ファン比率が高い娯楽です。そして、これらはどれも「引きこもって楽しめる」趣味ばかりです。

 一方、女性が好きな「ショッピング」「おしゃれ」「ケーキの食べ歩き」などは引きこもっていては楽しめません。つまり、引きこもった状態を「そこそこ楽しくすごす」ための趣味が男性には多くあり、女性には少ないんです。言い換えれば「男性の引きこもり能力は、女性より圧倒的に高い」のです。

 女性でも「人間関係も社会生活も苦手」な人はいるでしょうが、引きこもったとしても楽しく過ごせないので、「どっちもどっち」となり、そうなるとあえて引きこもる意味がない。男性とはちょっと事情が違います。

 男女差の話とは違いますが、昔は引きこもりなんていなかったのではないでしょうか。鍵のかかる個室が確保されていた子どもは少ないでしょうし、子ども部屋にPCはもちろんテレビさえ置いていない。すると「引きこもる生活」が不可能、もしくはあまりに退屈になるので、物理的に「引きこもる」という選択肢がなくなりますよね。

 「引きこもるかどうか」は、「引きこもらない日常のつらさ」と「引きこもる生活の快適度」の比較で決まります。男性は日常生活が女性よりつらく、引きこもる快適さの方は女性より高い、ということではないかと思います。

出典:東京都

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -