ニュース
» 2010年05月21日 08時00分 公開

ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ(1/2 ページ)

ミラノサローネ2010レポート。デザインへの挑戦を忘れない。そんな意欲が一番強く伝わって来たのがイタリアンブランドのMOROSO(モローゾ)。既報の吉岡徳仁、パトリシア・ウルキオラ以外の新作を紹介する。

[本間美紀,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

エキサイトイズムとは?

「高い美意識と審美眼を持ち、本物を知った30代男性」に向けたライフスタイルのクオリティアップを提案する、インターネットメディアです。アート、デザイン、インテリアといった知的男性の好奇心、美意識に訴えるテーマを中心に情報発信しています。2002年11月スタート。

※この記事は、エキサイトイズムより転載しています。


 ミラノサローネ2010レポート。デザインへの挑戦を忘れない。そんな意欲が一番強く伝わってきたイタリアンブランド、それがMOROSO(モローゾ)だったのではないだろうか?

 毎年、ブースのデザインも際立っている。今年もパトリシア・ウルキオラとマルティノ・ベルギンツが担当。高密度ポリウレタンで白い柱を立てる。これが荒い床の表情と、うまい対比となっている(ちなみにこのポリウレタンは、終了後、リサイクルされる)。

 フォルム、色ばかりではなく、家具としての「肌触り」、立体的なテクスチャーなど実験的なデザインが目立った。既報の吉岡徳仁、パトリシア・ウルキオラ以外の新作を紹介しよう。起用するデザイナーも、新しい才能が多く、その人選も毎年、注目の的だ。

Wood Chair

 スウェーデン女性3人組のデザインユニット、FRONTの作品。ビーチウッド材のビーズがたっぷりと座面を覆う。まるで石けんが泡だち、椅子からこぼれそうな様子を表現したという。

 座るとビーズがごりごり当たって、血行がよくなりそう?! それもそのはず。タクシードライバーのシートから着想したという。「健やかであること」をこの意表をつくデザインのテーマに選んでいる。

       1|2 次のページへ

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -