ニュース
» 2010年06月02日 08時00分 公開

ミラノサローネ2010、カッシーナ 歴史と未来を表現(5/6 ページ)

[本間美紀,エキサイトイズム]
エキサイトイズム

 そしてカッシーナは大胆な未来への提案も行った。それが「Aireソファ」。ピエロ・リッソーニのデザインだ。これまでのコレクションでは“もっとも軽量なソファ”であり、環境問題に取り組んだ新作ソファだ。

エキサイトイズム 「Aire」

 その秘密は中身。強度のある糸を張った構造は、快適な掛け心地を実現。張りや触感を「詰めもの」だけに頼らなくても済むのである。そして発泡ウレタンの使用も65%以上を削減した。

エキサイトイズム

 さらに使用材料の80%が再生可能な材料を使い、軽くなることで運送や使用に際しての負荷を軽減した。

 とはいえ、環境問題だけを追ったのではない。座ってみると、体を包むような掛け心地に恍惚感さえ覚える。

エキサイトイズム

 その中身と仕組みを惜しげもなく見せる展示に、家具製造への自信がうかがえた。

エキサイトイズム

Copyright (C) 1997-2014 Excite Japan Co.,Ltd. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -