速報
» 2010年10月15日 16時18分 公開

持高調整の売りも嵩んで軟調清水洋介の「日々是相場」夕刊(2/2 ページ)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]
前のページへ 1|2       

明日の相場雑感

 米国株が軟調、為替も円高ということに加え、昨日の大幅高の反動や週末の手仕舞い売りもあって軟調となりました。一時大幅安となる場面もあったのですが、昨日同様に為替や債券なども絡めた持高調整の売り買いがあり、底堅さも見られました。ただ、いっこうに円売り介入も見られず、買い急がなければならない理由も特になく、方向感のない展開となりました。終始持高調整の売り買いが中心となっており、個別の材料に反応するものも見られましたが、ほとんんどの銘柄が材料に関係のな目先の需給に振らされました。

 円売り介入も結局見られませんでした。先週のG7が終わったら介入も入るのかと思われましたが、「やるやる」と掛け声ばかりで実際には手も足も出せない、と言うことか、あるいはよほどG7で米国やその他の国から圧力があったのか、動きはありませんでした。日本株だけで円高の影響が懸念されて取り残されている状況で、政府が何にも手を打てないと言うのは今更ながら情けなくなってきます。

 新興国通貨も高くなっているのですが、これらの国は経済成長のスピードが速く、インフレも昂進しており、低金利国からの資金流入で通貨が高くなるのは分かるのですが、日本に資金が流入するような状況ではないにも関わらず、米国を始め自国の通貨安政策のいわば「犠牲」になっているような感じです。日本の企業とすれば、円安効果での収益上昇が期待できないとなると、海外で生産して輸入する、あるは別な国に輸出すると言う手しか打てず、日本の景気浮揚にはつながらないと思います。

 日本企業はまだまだ輸出主導であり、これらの輸出企業が日本の経済を牽引する状況には変わりないと思います。円高にも関わらず日本国内への資金流入が見られ、株式投資などに回るということでもなく、そうこうするうちに日本企業の足腰が弱り、海外の企業に差をつけられてしまうのではないかと思います。円売り介入でも何でも、景気浮揚のために何かをやって見るということが必要なのではないかと思います。いつものように口先ばかりでは経済は成り立たないということなのです。

清水洋介氏のプロフィール

慶應義塾大学法学部卒。1983年に大和證券に入社、以来、マネックス証券などを経て現在リテラ・クレア証券で相場情報などに携わっている。営業やディーラーの経験を基に、より実戦に近い形でのテクニカル分析、市場分析に精通している。日本証券アナリスト協会検定会員、日本テクニカル協会会員。著書に『江戸の賢人に学ぶ相場の「極意」 』 (パンローリング)、『儲かる株価チャート集中セミナー』(ナツメ社)。清水洋介の「株式投資の羅針盤


※掲載されている内容は、コメント作成時における筆者の見解・予測であり、有価証券の価格の上昇または下落について断定的判断を提供するものではありません。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -