ニュース
» 2011年03月10日 08時00分 公開

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:銀行が住宅ローンに力を入れる理由 (3/3)

[川瀬太志,Business Media 誠]
誠ブログ
前のページへ 1|2|3       

住宅ローンはこれからもオイシイ?

 お金が余っている銀行にとって住宅ローンは、貸し倒れリスクが低く、メイン口座を取ることができ、自己資本比率を高めてくれる“オイシイ資産”になります。とはいうものの、すでに住宅ローンの金利競争は激化しているので、総合利ざや率はかなり低下し、採算性は急激に悪化しています。これ以上の逆ザヤが進めば、金利競争についていけなくなる銀行も出てくるかもしれません。

 法人向け融資がきちんとできていて、自己資本比率が問題なければ、住宅ローンの金利競争に積極的に参加する必要はありません。ということは住宅ローンの金利優遇を見ると、その金融機関の経営状況がうかがえるかもしれません。「自分のメイン銀行はどうなっているの?」と気になる人は、住宅ローンの優遇金利をチェックしていみてはいかがでしょうか。(川瀬太志)

※この記事は、誠ブログ世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる」より転載しています。

 誠ブログでは、ブログを執筆してくださるブロガーを募集中です。詳細については、「誠ブログとは?」「FAQ」をご覧下さい。


前のページへ 1|2|3       
アクセスランキング
  • 本日
  • 週間