特集
» 2011年08月05日 08時00分 公開

500万円で購入できるハワイの“別荘”に泊まってみた(2/3 ページ)

[山形豪,Business Media 誠]

自分だけの時間が持てるタイムシェア・リゾート

 ホテルステイでは、朝食はレストランの時間に合わせなければならず、何かと時間的制約を受けることが多い。だが、タイムシェア・リゾートならば、その辺も自由自在だ。毎回外食をするのが億劫になったら自炊すればよい。

ハワイ オーシャンビュー2LDKのバルコニーからの眺め
ハワイ 2LDKのベッドルーム
ハワイ 3LDKペントハウスのリビングエリア

ハワイ ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内のABCストア

 買い物もグランド・ワイキキアンのロビー階にあるショップや、ビレッジ内のABCストアを利用すれば済む。それすら面倒という人には、日本出発前にネットで注文しておくと、到着時には冷蔵庫に食材がストックされているという便利なサービスまで用意されている。

 気が向いたらすぐ外のワイキキビーチやラグーンでくつろいでみたり、リビングでビールを飲みながらテレビを見たりと、ただ寝るためだけに帰るだけのホテルステイとはまったく違う、余裕たっぷりのリゾートライフがそこにはあるのだ。

 一方、活動的に過ごしたければ、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートで用意されている数々のアクティビティに参加すればよい。サーフィンやシュノーケリング、スタンドアップ・パドリングなど、さまざまなマリンスポーツを気軽に楽しめるし、インストラクターも常駐しているので安心だ。また、屋内でのアクティビティや子供向けのものなどもあり、老若男女を問わず、誰もが楽しめるように配慮がなされている。

ハワイ 人工ラグーンでのスタンドアップ・パドリング(写真はインストラクター)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -