ブラウザフォンが5000万を突破──2月事業者別契約者速報

iモード,EZwebなどのブラウザフォンサービス契約者数が5000万を超えた。携帯電話契約総数の74%がブラウザフォンサービスだ。

【国内記事】 2002年3月7日更新

 電気通信事業者協会(TCA)は3月7日,ブラウザフォンサービス契約数を含めた携帯電話/PHSなどの2002年2月の契約数を発表した。それによると,この1カ月間で携帯電話契約数は46万4100増えて,6800万700。

グループ名2002年2月純増数(1月末〜2月末)累計
NTTドコモ25万40004014万9000
auグループ7万15001203万9700
ツーカーグループ-1万9500389万3800
J-フォン15万90001191万8200
携帯電話総計46万41006800万700

 携帯契約者の純増数は前年同月比で6割と減少傾向が続いている。事業者別の純増傾向はほぼ変わらない。2月15日に4000万を突破したドコモは単月シェア54%(市場シェア59%)と順調(2月15日の記事参照)。auグループは単月シェア15%(市場シェア17%),J-フォンは単月シェア34%(市場シェア17%)となっている。

グループ名単月シェア累計シェア
NTTドコモ54.7%59.04%
auグループ15.4%17.71%
ツーカーグループ-4.2%5.73%
J-フォン34.3%17.53%

 サービス開始から4カ月が経過したFOMAは1万2700増えて,累計5万5700。ドコモは1月31日より,東海や関西の主要都市にサービスを拡大したが,契約者数は月間1万人強のまま伸びていない。4月1日からの全国展開が期待される。

サービス2002年3月純増数(1月末〜2月末)累計
iモード49万20003125万
EZweb18万3400933万8800
J-スカイ22万2800974万7000
合計89万82005033万5800

 ブラウザフォンサービスは,累計で5000万を突破した。既に携帯電話契約の74%がブラウザフォンとなっている。

PHSでは地域差? ケイ・オプティコムが好調

 PHSは2400の微増。状況はほとんど変化がないが,アステルグループが2000年3月以来の純増となった。これはアステルグループ関西地区のケイ・オプティコムが契約者数を急増させているため。

 ケイ・オプティコムは2001年6月に,光ファイバーのラストワンマイルにPHSを使った,月額3000円の常時接続サービス「eo64エア」をスタート(2001年7月の記事参照)。契約者数もその月を境に上昇に転じ,2月は1万600の純増を果たした。

グループ名2002年2月純増数(1月末〜2月)累計
DDIポケット300293万8800
NTTドコモグループ0190万6000
アステルグループ210083万2700
PHS総計2400567万7500

関連記事
▼ FOMA,ただいま4万3000人──1月事業者別契約者速報
▼ 新ケータイ投入も苦戦のau──12月事業者別契約者速報
▼ DDIポケット純増に転ず──11月事業者別契約者速報
▼ J-skyがEZwebを抜く──10月事業者別契約者速報

[斎藤健二,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!