Mobile:NEWS 2002年5月10日 06:34 AM 更新

Mobile&Movie 第12回
パルプ・フィクション「これは携帯電話か?」

映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。第12回は、タランティーノ監督のバイオレンスアクション「パルプ・フィクション」。携帯電話がそれほどメジャーではなかった1994年の映画だ。

作品名パルプ・フィクション(PULP FICTION)
監督クエンティン・タランティーノ
制作年・製作国1994年アメリカ


 ロサンゼルスを舞台に3つのストーリーが交錯する「パルプ・フィクション」。クールなバイオレンスアクションは、それぞれのストーリーがパズルのように完璧に組み込まれていきます。

 3つのエピソードは、まずパンプキンとハニー・バニーのカップルが、強盗の計画を立てるところから始まります。ラクして稼げる仕事を思いついたパンプキンと情熱的なハニー・バニー。2人は朝食を食べたレストランを襲撃します。

 そして、ヨーロッパ帰りのビンセントとジュールスのギャングコンビ。ビンセントは、自慢気にヨーロッパの話を聞かせますが、ジュールスの反応は至って冷静。すぐにアツくなりすぎるビンセントのせいで、2人はボスに頼まれた仕事を失敗してしまいます。

 ビンセントとジュールスのボスが、マーセルス。引退間際のボクサー、ブッチに八百長試合をさせようとしますが、ブッチは試合に勝ってしまいます。ブッチは逃亡を試みますが、マーセルスとばったり出くわしてしまうのです。

 ビンセントは、マーセルスに妻のミアの相手を一晩してくれと頼まれます。ビンセントは、ミアの足をマッサージしただけで半殺しになった男の話に怯えながらも、ミアに魅かれて……。気持ちを落ち着けようと目を離した隙に、なんとミアは泡を拭いて倒れてしまいます。

 慌てて、仲間のランスに電話するビンセント。

 「ビンセントだ!トラブルだ、そっちへ行く」

 「落ち着け。どうしたんだ?」

 「女がヤクをやりすぎた」

 「よせ! そんな女をうちへ連れてくるな!」

 「死にかけてるんだよ」

 「病院へ運んで弁護士を呼べ!……これは携帯電話か?」

 もうビンセントが家に向かっているんじゃないかと焦るランス。

「あんた誰だ? 知らない奴だ、いたずらはよせ!」

 とまくし立てて電話を切ったとたん、家の外で車のブレーキ音が響きます。

 女がマフィアのボス、マーセルスの妻ミアと知って観念するランス。

 ビンセントが応急処置を必死に施し、ミアは一命を取りとめます。

 別の場面でも、緊急事態に直面したジュールスがマーセルスの携帯に電話して指示を仰ぐの場面があります。焦るジュールスをじらすマーセルスとの会話が滑稽に描かれています。

 もう1つの見所は、タランティーノ監督がジュールスのダチ公ジミー役で自ら出演していること。奥さんに頭が上がらない頼りなさげな男を演じています。

 ユニークな登場人物とストーリーがスピーディに交錯する「パルプ・フィクション」は、あえて狙ったB級感がタランティーノ流の美学を完成させています。



関連記事
▼ Mobile&Movie 第1回:マトリックス (THE MATRIX) 「やあ、ネオ。誰かわかるか?」
日常生活において携帯電話が必需品となって以来、さまざまな映画の中で携帯電話が登場するようになりました。時として、携帯電話が物語の重要な役割を担うストーリーも数多くあります。そんな映画の中の名脇役としての“携帯電話”をこれから紹介していきます。

▼ Mobile&Movie 第2回:僕たちのアナバナナ (Keeping the Faith) 「携帯と私は深い仲なの」
映画の中の名脇役としての“モバイル製品”ご紹介する「Mobile&Movie」。第2回は、俳優でもあるエドワード・ノートンが監督作品をご紹介しよう。主人公アナと携帯電話の「深い仲」とは!?

▼ Mobile&Movie 第3回:アタックナンバーハーフ (SATREE-LEX)「お父様? こんにちわ」 (ペコリ)
映画の中の名脇役としての“モバイル製品”ご紹介する「Mobile&Movie」。第3回は、タイの実話を元にしたオカマちゃんの青春を描く熱血バレーボール映画。携帯電話がつなぐ監督と選手たちの絆とは!?

▼ Mobile&Movie 第4回:ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ (LOCK,STOCK AND TWO SMOKING BARRELS)
映画の中の名脇役としての“モバイル製品”ご紹介する「Mobile&Movie」。第4回は、ガイ・リッチー監督の出世作「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」。衝撃のラストシーンに携帯電話が登場!?

▼ Mobile&Movie 第5回:オーシャンズ11 (OCEAN'S ELEVEN)
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”ご紹介する「Mobile&Movie」。第5回は、スティーブン・ソダーバーグ監督の「オーシャンズ11」。オールスターキャストのなかでケータイも活躍!

▼ Mobile&Movie 第6回:ミッション・インポッシブル2 (Mission Impossible 2)
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。第6回は、トム・クルーズ主演の「ミッション・インポッシブル2」。イーサン・ハントの恋の駆け引きに携帯電話が活躍!

▼ Mobile&Movie 第7回:世界の涯てに(LOST AND FOUND)
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”ご紹介する「Mobile&Movie」。第6回は、リー・チー・ガイ監督の「世界の涯てに」。携帯電話が出会いのきっかけを演出する心温まる人間ドラマ。

▼ Mobile&Movie 第8回:チャーリーズエンジェル(CHARLIE'S ANGELS)
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”ご紹介する「Mobile&Movie」。第8回は、3人の美女が活躍するノンストップアクション映画「チャーリーズエンジェル」。華麗なアクションをサポートするのはNOKIAのケータイ、Visor、そしてバイオだ!

▼ Mobile&Movie 第9回:ホワイトアウト「トゥルルルル……」
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”ご紹介する「Mobile&Movie」。第9回は、雪山を舞台に壮絶な戦いが繰り広げられる「ホワイトアウト」。やや強引な展開でケータイが活躍!

▼ Mobile&Movie 第10回:こころの湯「2〜3日したら帰る」
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。第10回は、携帯電話が急速に普及し始めている中国を舞台にした「こころの湯」。まだ携帯が珍しい地域を舞台にした心温まる人間ドラマ。

▼ MMobile&Movie 第11回:スライディングドア「電波がヘンだ。よく聞こえない」
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。第11回は、偶然が変える人生を描く「スライディングドア」。携帯電話が運命を変えてしまう!?

[本田亜友子, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!