Mobile:NEWS 2002年6月21日 10:05 PM 更新

504iを解剖する(4)
iアプリ最速の端末は?

恒例のiアプリベンチマークを、各504iで計測。503iの時と同じく、機種によって速度に相当大きく差がつく結果となった

 NTTドコモの504iシリーズの中で、iアプリの動作速度が高速なのはどれか。ZDNetでは、iアプリ開発に携わる企業の協力の元、ベンチマークを実施。504i各端末のiアプリ実効速度を計測した。

速度トップは「P504i」と「F504i」

 ベンチマークテストは、Javaの各命令を実行させてかかった時間を計ることで行った。テスト項目は大きく分けて3種類。数値演算などを中心とした「Java VM」、グラフィックス描画を中心とした「Graphics」、iアプリが利用する固有の保存領域であるスクラッチパッドとのデータのやりとりを中心とした「I/O」である。

 各命令の実行にかかった時間を合計し、機種ごとに並べたのが以下のグラフだ。

Java VMテスト結果


テストの詳細についてはこちらのグラフを参照

 Java VMのテストで最も高速だったのは、ツインCPUを搭載する(5月30日の記事参照)「F504i」だ。2位の「P504i」よりも3倍以上高速な値をたたき出した。「VM基本機能トータルではF504iがかなり高速。まんべんなく速い」(iアプリに詳しい開発者)。

Graphicsテスト結果


テストの詳細についてはこちらのグラフを参照

 続いて、ゲームなどを高速動作させるのに欠かせない、グラフィックス描画のテスト。ここで圧倒的な速さを見せたのは「P504i」だ。2位の「F504i」より3倍近く速い。先の開発者によると、「グラフィックスではP504iがかなり高速。F504iはラインの描画は速いが、斜めのラインは遅い」という

I/Oテスト結果


テストの詳細についてはこちらのグラフを参照

 スクラッチパッドの読み書きやGIF、MLDファイル(メロディファイル)などのリソースの読み込みに関わるのがI/Oの速度。ここで速かったのも「P504i」だ。F504iも多くの場合で高速だが、「リソースからのMLDの読み込みが他機種と比べて極端に遅い」(開発者)ため、2位という結果になった。

 ベンチマークをトータルで見ると、「P504i」と「F504i」が他機種に比べてかなり速い。この2機種に、「SO504i」「D504i」「N504i」という順で続く。503i時に速かった“SO”や“N”はそれほど振るわなかった(2001年3月の記事参照)。ただし「503i時と比べるとどの機種も速くはなっている」(同)

 この結果は、“どのようなiアプリか”によっても変わってくることに注意してほしい。画面描画がほとんどなく、数値演算ばかりのiアプリならJava VMの速度が重要になるだろうし、グラフィックスに凝ったゲームなら描画速度だけでなく、スクラッチパッドからの読み込み速度も重要になるだろう。

待ち受けiアプリには、起動速度も重要

 Javaの各命令の速度とは別に、504iではiアプリの起動速度も重要になる。504iの特徴でもある「待ち受けiアプリ」は、メールやWebを立ち上げるといったん終了し、作業が終わると再起動するという仕様になっているからだ。

 Java VMから再起動が行われるのは各機種同様のようだが、その動作は少しずつ違う。「F504i」は通常の待ち受け画面が一瞬表示されて、待ち受けiアプリが起動する。その際、「F504iは待受け起動が極端に遅い」(iアプリに詳しい開発者)だけでなく、iアプリが起動し終えるまではほとんどの操作を受け付けない。唯一、電源ボタンでアプリ起動を終了できるが、終了直後に再起動される。

 「N504i」は、待ち受け画面に戻ってから数秒後に待ち受けiアプリの再起動が行われる。再起動中でも各種操作を受け付けるため、利用にストレスはない。ただし、待ち受けiアプリの活性化ボタンが独立しておらず、決定ボタンの長押しなのには注意が必要だ。

 「SO504i」は通常のiアプリの起動はそれほど速くないが、待ち受けiアプリの再起動はかなり高速。待ち受け画面に戻るとすぐに再起動が始まるが、再起動中も各種操作を受け付けるため、待ち受けアプリの起動を意識する必要はあまりない。

 「P504i」はとにかくiアプリ起動が高速。待ち受けiアプリの再起動も速く、快適に利用できる。ただし「P504iはアプリ終了が極端に遅い場合がある」(同)のはちょっとした弱点だ。ほかの機種では、電源ボタンを押すことで瞬時に終了するが、「P504i」では「終了しています」というダイアログが出る場合がある。


【動画】「P504i」「F504i」「D504i」「N504i」で、「ソニックカフェ」提供の「ぷよぷよ」を起動してみた。起動速度の違いが分かる。なお、アプリによっても起動速度は異なるので、あくまで参考として見てほしい(MPEG-1・2.6Mバイト)

 各504i端末のJava基本スペックは以下の通り。

型名D504iF504iN504iSO504iP504i
iアプリ保存件数17〜20012〜10015〜4515〜3020〜200
内蔵iアプリ1件9件3件3件3件
iアプリフォルダ
ヒープ容量(Javaヒープ/ネイティブデータヒープ、Kバイト)1024/5241000544/60010001500

「D504i」のiアプリはほかのデータと保存領域を共有。ほかのデータの容量によって、保存件数が変化する。各端末とも、保存件数はiアプリのデータ容量によって変化する

この企画は、雑誌『iモードスタイル』(ソフトバンク パブリッシング刊、毎月23日発売)との共同企画です。今回のテストでは、携帯向けJavaプログラミングに携わる企業の協力の元、各504i端末でベンチマークソフトを動作させ、速度を計測した。各ベンチマークの単位はミリ秒となっている。(注)「N504i」では100ミリ秒未満は切り捨てられる

関連記事
▼ D503iのiアプリ性能は?──5機種まとめてテスト
▼ 504i総力特集
▼ 504iを解剖する(1):504iはFOMAより速い?
▼ 504iを解剖する(2):必ずしも40和音ではない……その秘密
▼ 504iを解剖する(3):メール機能をチェック
▼ 504iのハードウェアスペックを総覧する

[九条誠二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!