Mobile:NEWS 2003年2月13日 08:47 PM 更新

Mobile Weekly Top10
そろそろFOMA?

端末の機能強化──という点で見ると、今年はPDCの最後の年になりそうだ。次第にFOMAから目が離せなくなってきた

Mobile Weekly Top10 2月6日〜2月12日
1位 ドコモが定額制に踏み出せない理由
2位 メガピクセル携帯続々〜ソニーエリクソン製が3月、続いてNも
3位 ソニー、携帯向け100万画素CCD量産へ〜夏が目処
4位 「今年のトレンドはメガピクセル」〜au技術本部長
5位 携帯写真、コンビニでプリントしてみると
6位 「ケータイ先進国日本」は復活するのか?:インセンティブモデルの功罪
7位 携帯電話がプリクラ用カメラに〜「プリモード」を体験
8位 コンピュータを着る時代を作り出す
9位 携帯電話/PHSの契約者、8000万に迫る──1月事業者別契約者速報
10位 着メロにしたいCMソング、トップは?

 先週のアクセスランキングでトップを飾ったのは、ドコモ副社長の津田志郎氏の講演の記事。FOMAの今後について、方向性が語られた。

 記事に盛り込めなかった情報を補足すると、FOMAの今後のロードマップがアップデートされている。2003年春、PDCとFOMAのデュアル機が登場するタイミングでは、

  • テレビ電話標準搭載
  • 国際ローミング(チップローミング)
  • Vライブ
  • 電子認証

 が予定されている。もっとも、フル機能のテレビ電話については、「コスト差がなければ搭載したいが、まだ決めていない」(津田氏)と説明しており、これは新型FOMA発表時に説明された「簡易テレビ電話機能」のことを指す(12月10日の記事参照)。

 2003年秋には国際ローミングが可能な端末が出ると共に、端末の大きさも100グラム以下に。PDCを機能的に超える──としている。コンテンツプロバイダ関係者から「秋には200万画素カメラ搭載機が登場」という発言もあったように、秋のFOMAは面白くなりそうだ。

 またこの機を境にPDCからFOMAへの乗り換えが促進されるかもしれない。

 この春(春が何月かは分からず、例年のスケジュールからすると6月あたりかと予想される)には、505iシリーズが登場。冬には505iSシリーズが予想されるが、これが最後の“ハイエンドPDC”となる可能性さえある。



関連記事
▼ FOMAの逆襲が始まる?〜PDCとのデュアルも
ドコモの新FOMA端末開発ペースはますます加速しそうだ。今回の新機種投入に続き、2003年春にはPDCとのデュアルモード端末、秋には国際ローミングにも対応させる。来年末には、PDC端末の機能をFOMAが上回ることになりそうだ

[斎藤健二, ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



Special

おすすめPC情報テキスト

モバイルショップ

最新スペック搭載ゲームパソコン
高性能でゲームが快適なのは
ドスパラゲームパソコンガレリア!

最新CPU搭載パソコンはドスパラで!!
第3世代インテルCoreプロセッサー搭載PC ドスパラはスピード出荷でお届けします!!