プロフェッショナル モバイル 過去記事一覧
検索
ニュース
3万8988円(税込):

OPPOのミッドレンジスマホ「R17 Neo」登場 UQ mobileが独占販売

UQコミュニケーションズが、OPPOの「R17 Neo」をUQ mobileで取り扱う。国内ではUQが独占販売する。6.4型ディスプレイやSnapdragon 660を搭載したミッドレンジモデル。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 UQコミュニケーションズが、MVNOサービス「UQ mobile」向けに、OPPOのスマートフォン「R17 Neo」を11月下旬に発売する。R17 Neoは日本ではUQコミュニケーションズが独占的に取り扱う。SIMロックは掛けられていない。カラーはブルーとレッドの2色。

 端末価格は3万8988円(税込、以下同)で、「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」の利用者を対象としたマンスリー割として、月540円が割り引かれる。この24回分を引いた実質価格は2万6028円。

R17 Neo
「R17 Neo」のブルー
R17 Neo
レッド

 R17 Neoは、海外の「K1」というモデルがベースのミッドレンジスマホ。6.4型の有機ELディスプレイを搭載しており、インカメラ部分には水滴型のノッチを配置。左右や下部の額縁も極力狭くしたことで、91%という画面占有率を実現した。指紋センサーをディスプレイ内部に搭載しているのも特徴で、画面に触れるだけでロックを解除できる。

R17 Neo

 アウトカメラは有効約1600万画素と有効約200万画素の2眼。AIが被写体を自動で認識する機能に対応しており、「風景」「動物」「料理」など120のシーンを識別して最適な画質に調整。16のシーンは関連するアイコンが画面に表示される。有効約2500万画素のインカメラは、被写体の顔から296個のポイントを識別し、より自然な調整を加えてくれる。

 プロセッサはSnapdragon 660、メインメモリは4GB、内蔵ストレージは128GB、バッテリー容量は3600mAh。OSはAndroid 8.1で、OPPOが独自にカスタマイズを加えたColor OS 5.2に対応している。おサイフケータイや防水には対応していない。SIMスロットは2つあり、どちらのSIMでもVoLTEで待受ができる「DSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)」に対応する。またmicroSDスロットは別途備えているので、2つのSIMとmicroSDを同時に使える。

R17 Neo
R17 Neo
薄くて軽く、側面は丸みを帯びているので片手でも握りやすい
R17 Neo
水滴型のノッチ(切り欠き)
R17 Neo
左右と下の額縁も抑えられている
R17 Neo
背面に2眼カメラを搭載
R17 Neo
背面下部のグラデーションが目を引く
R17 Neo
R17 Neo
R17 Neo
「R17 Neo」の主な仕様
機種名 R17 Neo
メーカー OPPO
OS Android 8.1
プロセッサ Snapdragon 660
メインメモリ 4GB
ストレージ 128GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約6.4型フルHD+ 有機EL
解像度 1080×2340ピクセル
バッテリー容量 3600mAh
連続通話時間 約1260分
連続待受時間 約300時間
アウトカメラ 有効約1600万画素CMOS+有効約200万画素CMOS
インカメラ 有効約2500万画素CMOS
ボディーカラー ブルー、レッド
サイズ 約75.5(幅)×158.3(高さ)×7.4(奥行き)mm
重量 約156g

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia Mobileに「いいね!」しよう
ページトップに戻る