検索
ニュース

ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」登場 ソフトバンクが独占販売、18万7920円

ソフトバンクが、ライカ(Leica)ブランドのスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を7月以降に発売する。Leitz Phone 1は、ライカがハードウェアからソフトウェアまでトータルで監修した初のスマートフォン。メーカーはシャープが担当しており、1型のセンサーを搭載している。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 ソフトバンクが6月17日、ライカ(Leica)ブランドのスマートフォン「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を発表した。7月以降に発売する予定で、6月18日から予約を受け付ける。価格は18万7920円(税込み)を予定しており、「トクするサポート+」を適用できる。なお、SIMロックは掛けられていない。

Leitz Phone 1
ライカ初のスマートフォン「Leitz Phone 1」

 Leitz Phone 1は、ライカがハードウェアからソフトウェアまでトータルで監修した初のスマートフォン。メーカーはシャープが担当している。またLeitz Phone 1は日本でのみ販売するモデルで、ソフトバンクが独占販売する。

 スマートフォンのカメラとしては最大級(シャープ調べ)となる1型センサーを搭載しているのが特徴。F1.9と焦点距離19mmの7枚構成レンズを採用しており、最大6倍のデジタルズーム撮影できる。保存形式はJPEGだけでなくRAWにも対応している。モノクロ写真を撮影できる「Leitz Looks」モードも用意した。画素数はアウトカメラが2020万、インカメラが1260万となる。

 カメラ以外のスペックは、同じくライカ監修の1型センサーを搭載した「AQUOS R6」と共通している部分が多い。ディスプレイは約6.6型のPro IGZO OLEDを搭載しており、最大240Hzの駆動が可能。プロセッサはSnapdragon 888、メインメモリは12GB、内蔵ストレージは256GB。容量5000mAhのバッテリーを内蔵している。また最大1TBのmicroSDも利用できる。

 通信は5Gに対応しており、通信速度は下り最大2.4Gbps、上り最大110Mbpsとなる。この他、IP68の防水やおサイフケータイにも対応する。OSはAndroid 11をプリインストールしている。サイズは約74(幅)×162(高さ)×9.5(奥行き)mm、重量は約212g。

 デザインもライカが手掛けており、3Dのライカロゴが埋め込まれたマットブラックの背面は強化ガラスで仕上げた。ライカのロゴが入ったケースとレンズキャップが付属しているのも特徴だ。本体カラーはライカシルバー1色。

Leitz Phone 1
オリジナルのケース
Leitz Phone 1
オリジナルのレンズカバー
Leitz Phone 1
Leitz Phone 1の実機。ライカがWebサイトで紹介する写真のオリジナルウィジェットも用意する
Leitz Phone 1
背面はガラスだが、マットな質感だ
Leitz Phone 1
Leitz Phone 1の象徴となる1型センサーのカメラとLeicaロゴ
Leitz Phone 1
底面に3.5mmイヤフォンジャックとUSB Type-Cコネクター、スピーカーがある
Leitz Phone 1
上面にSIMスロットがある
Leitz Phone 1
ローレット加工を施した金属フレーム
Leitz Phone 1
ボリュームキー、Google アシスタントキー、電源キー
Leitz Phone 1
付属のケースとレンズキャップを装着したところ
Leitz Phone 1

【更新:2021年6月17日19時12分 SIMロックが掛けられていない件と実機写真を追記しました。】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る