Special
» 2010年09月22日 00時00分 公開

“3D男子”にあこがれて――立体技術で恋愛修行!? ソニー・エクスプローラサイエンスへGO!ITmedia女子部フォーリンラブ

努力家でダンディーで抱かれてもいいと思わせる“3D男子”に出会ってしまったんです。どうしよう!? これは本気の恋!? 助けてソニー・エクスプローラサイエンス!

[PR/ITmedia]
PR

 こんにちは、ITmedia女子部の宮本と小笠原です。恋っていいですよね……。

ITmedia女子部とは

 IT記者としての知識とセンスを学びながら女子向けネット情報を広めるべく、宮本真希と小笠原由依の2人で結成。Twitterアカウントは「@joshi_1topi」。イケメンからのフォロー絶賛募集中。


画像 女子部の宮本と小笠原です!

小笠原 聞いてください! 素敵な人に出会って、恋してしまったんです

宮本 おお! どんな人なの?

小笠原 努力家で、ダンディーで、抱かれてもいいと思わせる――まさに“3D男子”なんです!! ああでもどうしよう。自信がないっ。私なんて、ダサい、だらしない、だまされやすい、ただの“3D女子”だし……胸が苦しい。

宮本 落ち込まないで! 3D関連技術に詳しくなって、3D男子に釣り合う女性になろうよ! それこそがIT記者の恋愛道!

小笠原 なんというこじつけ。でもがってんです!! 先輩について行きます。

 ということで体験型科学館ソニー・エクスプローラサイエンスへ行くことにしました。3D映像を満喫できる企画展「3D Beyond the Edge 〜最新の3Dを体験しよう〜」が始まったばかり。360度どの方向からも立体映像が見える、話題の裸眼立体視ディスプレイ「RayModeler」も9月26日まで展示中です。さあ張り切ってレッツゴー!

地球をこの手で操ってやるっ

画像 装置の底の方にあるはずのコインが浮かんで見える

 まず目に飛び込んで来たのは、凹面鏡を利用して、空中に物体が浮かんでいるかのように見せる装置。コインが浮かんで見えていますが、手を伸ばしてもそこにありません。不思議! 「手を伸ばしても届かないなんて。なんだかもどかしい。まるで恋みたい」――すっかり恋愛モードの小笠原がぶつぶつ言っています。ちょっとうるさいよ!

 ステレオ写真使った立体画像を楽しめるコーナーもありました。右眼用と左眼用に撮影した、わずかに異なる2枚の写真を、鏡を組み込んだ木製の装置にセット。鏡に映った右眼用・左眼用の像を見ることで立体的に感じる仕組み。なんと1830年代からあるそうです。「そんなに歴史があるのかあ。すごいなあ」と宮本が驚くそばで、小笠原は上の空という感じです。

画像 ステレオ写真を立体的に見る木製装置

小笠原 ステレオ写真を使えば、気軽にあの人を立体で楽しめるのか! ああステレオ写真でキャッキャウフフしたい。

宮本 こらー! 妄想に浸ってないで、まじめに勉強しないと3D男子をゲットできないよ! 横取りしちゃうからね。

小笠原 ひっ、ひどい!

 見るだけじゃなく、自分の姿も3D映像で楽しみたい!――そんな女子部の願いをかなえる装置もありました。2台のハンディカムで撮影した右眼用と左眼用の映像がリアルタイムにディスプレイに映し出され、専用眼鏡をかけて見ると立体的に感じられるというものです。自分の姿が画面から飛び出すというよりは、奥行きを感じる映像になっています。


画像画像 立体的に見える自分たちの映像にはしゃぐ2人。小笠原は、奥にあるカメラのすぐそばまで寄って写ってみたり

小笠原 おおこれでついに女子部も真の3D女子に近づいた。

宮本 うん……でも自分の姿が3D映像になったら、貧乳が巨乳に変わればよかったのに……。

小笠原 先輩、そんな無茶な! でもそこはテクノロジーの進化を期待しましょう。

宮本 うん、そうだね(遠い目)。じゃあ次行くよ、次!

 気を取り直して向かった先には、世界で数台しかないという裸眼立体視ディスプレイが。360度どの方向からも立体映像が見える「RayModeler」です。円筒形で、中央に映像が映し出されています。ぐるっと周りを一周してみると確かにどこからでも3Dに見える。しかも、手をかざすと、手の動きに合わせて映像を回転させることができます。

 人の顔や、キャラクター、地球の立体映像などが、女子部の手の動きに合わせてぐるぐる動きます。


画像 地球をこの手で操ってやるー!

宮本 手のひらで地球を操ってる! 全知全能、無敵な気分になってきた。

小笠原 はい! なんか自信がわいてきました。今なら恋もうまく行く気がする。うおーー燃えてきたーー!!!!

 企画展は来年1月11日までの予定。あなたも、この企画展で3D映像を体験して真の“3D女子”“3D男子”を目指すべし!?

ソニー・エクスプローラサイエンス

photo
  • 住所:〒135-8718 東京都港区台場1-7-1 メディアージュ5F
  • 電話:03-5531-2186
  • 公式URL:

http://www.sonyexplorascience.jp/

  • 営業時間:11:00〜19:00(最終入場 18:30)
  • 入場料金:一般 大人(16歳〜)500 円、小人(3〜15歳)300円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ソニー・エクスプローラサイエンス
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia ニュース編集部/掲載内容有効期限:2010年10月21日