Special
» 2006年11月29日 09時30分 公開

画質補正技術“Senseye”の搭載で多目的に使える22インチワイド液晶――BenQ「FP222W」 (2/2)

[PR/ITmedia]
PR
前のページへ 1|2       

独自の画質補正技術Senseyeが色鮮やかな表示を実現

 BenQ独自の画質補正技術Senseyeを搭載しているのも大きな特徴だ。Senseyeは、「コントラスト強化」「カラーマネジメント」「シャープネス強化」の3つの画像補正エンジンで構成されており、手動での画質調整をしなくても、さまざまなソースの画像をより鮮やかに、より滑らかに映し出すことが可能だ。Senseyeの詳細は、こちらの記事を参照してほしい。

 FP222Wには、用途別に「標準」「動画」「ダイナミック」「写真」の4つの画質モードがあり、標準を除くモードでSenseyeが自動的にオンになる。Senseyeがオンの状態では、黄色や緑といった原色が濃厚に表示され、ハイライトとシャドーの明暗差が強調されるなど、全体的に見栄えのよい画像になるので、動画やスライドショーの視聴で重宝するだろう。

画質モードは、「標準」「動画」「ダイナミック」「写真」の4モードを用意。動画モードはTVのような全体的に強い色彩の表示になる。ダイナミックと写真は、動画モードと比べて少し落ち着いた発色だが、標準モードとは明らかに違うメリハリ重視の表示だ。標準モードは一見地味に見えるが、階調の再現性が自然なので、画像編集や文書作成などで利用するとよい

 液晶パネル部の左側面には操作ボタンが用意されている。ボタンは上から、「電源」「ENTER」「上/輝度調整」「下/コントラスト調整」「MENU」「MODE」「INPUT」「ikey」の順番で並ぶ。OSDの操作は、MENUボタンで起動し、上ボタンと下ボタンでメニュー選択、ENTERボタンで決定するという手順だ。アナログ接続時にikeyを押すと、画面の水平/垂直位置、クロック、フェーズが自動調整される。MENUボタンでは画質モードの変更、INPUTでは映像入力信号の切り替えを行う。

 OSDは輝度、コントラスト、鋭さ(1〜5に設定可能)など、基本的な調整項目が揃っている。色温度は、標準、薄赤、薄青、ユーザーの4種類から選択可能だ。薄赤では色温度が低めに、薄青では色温度が高めになる。ユーザーを選べば、赤、緑、青の各色を個別に微調整できるが、出荷時の状態で色調に問題はないため、基本的には標準でよいだろう。

操作ボタンは液晶パネル部の左側面に搭載する(写真=左)。電源ボタンが離れているので、画面調整中に誤って押すようなケースは少ないだろう。OSDは日本語化され、非常に見やすい(写真=中央)。輝度、コントラスト、シャープネス(鋭さ)などの調整が可能だ。より細かな色調補正を行う場合は、カラー設定を選ぶ。カラー設定では色温度の調整が可能(写真=右)。色温度でユーザーを選ぶと、赤、緑、青の個別調整が行える

高いコストパフォーマンス+3年間フル保証付き

 FP222Wは、独自の画質補正機能を備えた22インチワイドの大画面モデルながら、BenQ Directでの販売価格は5万2800円と求めやすいため、幅広いユーザーに向くモデルと言える。特に、19インチ液晶ディスプレイではちょっと物足りない、かといって24インチワイドモデルほどの高性能は不要といったミドルレンジ以上のユーザー層にマッチするだろう。送料が無料なうえ、液晶パネルとバックライトを含めた3年間フル保証が受けられる点もありがたい。

 BenQが大画面のワイド液晶搭載モデルを入手しやすい価格帯で提供し続ける姿勢には、同社のワイド液晶ディスプレイにかける熱意が感じられる。今後のラインアップ展開にも大いに期待したい。

FP222Wの主なスペック
パネルサイズ 22インチワイド
表示エリア(H×V) 473.76×296.1ミリ
画面解像度 1680×1050ドット
最大発色数 約1677万色
画素ピッチ 0.282×0.282ミリ
水平周波数 30〜82kHz
垂直周波数 56〜76Hz
視野角 上下170度/左右160度(コントラスト比5の場合)
輝度 300カンデラ/平方メートル
コントラスト 700:1
応答速度 5ms
PC入力端子 DVI-D、D-Sub 15ピン
ビデオ入力端子
USB
音声入力端子
ヘッドフォン端子
チルト角度 前2度/後22度
スイベル角度
ピポット対応
VESAアームマウント規格 100×100ミリ
電源 本体内蔵
消費電力 最大49ワット/待機時約1ワット
本体サイズ 518(幅)×170(奥行き)×422(高さ)ミリ
重量 約5.8キロ
主な付属品 アナログRGBケーブル×1、DVIケーブル×1、電源ケーブル、ドライバCD-ROMなど

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.