検索
ニュース

Ryzen 5000デビュー! 整理券配布時点で売り切れ連発古田雄介のアキバPick UP!(1/4 ページ)

AMDからの告知通り、新CPU「Ryzen 5000」シリーズが売り出された。最近の新型パーツと同様に、やはり上位モデルは枯渇気味だ。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 Zen 3アーキテクチャを採用したAMDの新CPU「Ryzen 5000」シリーズが、11月6日19時から販売解禁となった。登場したのは下記の4モデルだ。

Ryzen 5000
ついに販売が始まったAMD「Ryzen 5000」シリーズ

19時解禁がなかなかにきついです――大反響のRyzen 5000シリーズ

Ryzen 5000シリーズの主なスペック
型番 コア スレッド数 クロック数 対応メモリ 内蔵GPU TDP 価格(税込み)
Ryzen 9 5950X 16コア 32スレッド 3.4GHz(最大4.9GHz) DDR4-3200 なし TDP 105W 10万6000円強
Ryzen 9 5900X 12コア 24スレッド 3.7GHz(最大4.8GHz) DDR4-3200 なし TDP 105W 7万1000円強
Ryzen 7 5800X 8コア 16スレッド 3.8GHz(最大4.7GHz) DDR4-3200 なし TDP 105W 5万9000円前後
Ryzen 5 5600X 6コア 12スレッド 3.7GHz(最大4.6GHz) DDR4-3200 なし TDP 65W 3万9000円強

 いずれもSocket AM4に対応し、AMD X570/B550/A520チップセット搭載マザーボードに組み込める。「Ryzen 5 5600X」のみCPUクーラーが付属しており、上位モデルはCPUのみのボックスとなる。

 かねて注目を集めていたCPUだけに、発売当日は開店前や整理券配布前にショップの入り口に並ぶユーザーが多数見られた。昼の時点で最上位の「Ryzen 9 5950X」と、比較的入荷数が少なかった「Ryzen 9 5900X」が売り切れとなるショップが多く、夕方には「Ryzen 7 5800X」の値札にも売り切れの札が貼られる光景をしばしば見かけた。

TSUKUMO eX.
夕方時点でTSUKUMO eX.の価格表はRyzen 9の2モデルが売り切れとなっていた
パソコン工房 秋葉原BUYMORE店
同時刻のパソコン工房 秋葉原BUYMORE店前。5950Xの在庫を最後まで残しておいたようだ

 パソコンSHOPアークは「予想通りに大きな反響をいただいています。ただ、入荷数は当初言われていたほどの数量にならなかった印象です」と、枯渇気味となった当日の様子を説明する。その後の供給予測について、別のショップは「まだ具体的なことは見えていませんが、少なくともGeForce RTX 3080カードのような超枯渇状態は心配しなくていいように思います」という。

 なお、今回は販売解禁が19時とあって、通常営業時間内に大型パーツのデビューに対応する光景が印象的だった。あるショップは「普通のパーツを買いに来られる方もいますから、同時進行で滞りなくこなせるようにシミュレーションしました。いや、なかなかきついです……」とこぼしていた。

パソコンSHOPアーク
営業時間の延長で対応するパソコンSHOPアークのPOP

 続いて、Thunderbolt 3ドッグの新モデルを見ていこう

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったらITmedia PC USERに「いいね!」しよう
ページトップに戻る