ニュース
» 2012年11月19日 16時06分 UPDATE

ミッキー、ミニー、そして“エミー”?:東京ディズニーシーを貸切、武井咲と一夜限りのクリスマスパーティ (1/3)

11月16日、東京ディズニーシーで、一夜限りのスペシャル・クリスマスナイトが開催された。その「スペシャル」な様子をレポートしよう。

[宮田健,Business Media 誠]

 東京ディズニーシーで11月16日、オフィシャルスポンサーの第一生命保険が「第一生命スペシャルナイト」を開催した。同社の110周年を記念した「ウェルカム110周年キャンペーン」に応募した約78万8千人の中から選ばれた、4020組8040人のみの貸切パーティだ。

 この日はミッキーマウスをはじめとするディズニーの仲間たちに加え、第一生命イメージキャラクターの武井咲さんが登場し、舞台となったメディテレーニアンハーバーは普段とは違う熱気に包まれた。

武井咲 (c)Disney
武井咲 第一生命イメージキャラクターの武井咲さん。欲しいものは?と聞かれると「ハンドクリーム! いまちょうど切らしてるんです」と即答

 当日の東京ディズニーシーは早じまいの18時30分まで。それ以降は招待されたラッキーな4020組8040人のみの貸切営業だ。約15メートルのクリスマスツリーの飾り付けを行うショーも1日限りの「カラー・オブ・クリスマス スペシャルバージョン」。プレショーでは中央の大スクリーンに武井咲さんが映し出され、家族と過ごしたクリスマスの思い出を紹介した。

 クリスマスツリーがきれいにデコレーションされたあと、ショーのクライマックスで武井咲さん本人が登場。ミッキーマウスやミニーマウスと一緒に、オレンジ色のサイリュームのライトが揺れるハーバーを一周した。

 そして夜21時からは、東京ディズニーシーではめずらしいミニパレード「クリスマス・グリーティングドライブ」が行われ、オープンカーに乗ったディズニーの仲間たちとともに笑顔を振りまいていた。

 この特別なショーに参加した武井咲さんは、この日のために用意されたクリスマスツリーをイメージした赤い衣装をまとい「まるで夢のよう。本当に緊張したけれど、ミッキーとミニーが温かく迎えてくれた」と話した。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -