ニュース
» 2006年11月21日 12時23分 UPDATE

3分LifeHacking:もう「メタボリック」とは言わせない――ための手軽なカロリー計算

健康のために食事の量を減らしたいが、どれくらい減らすのが適正なのか。それがすぐにチェックできれば、無理なく、長続きするダイエットができるはずだ。

[小林誠,ITmedia]

 ついに流行語大賞にまでノミネートされた「メタボリックシンドローム」だが、筆者をはじめ気になっている人は多いはずだ。しかし、デスクワーク中心の仕事では、ダイエットは難しい。運動はまず無理なので「食事の改善」を行うが、これも長続きするケースは少ない。

 長続きしない理由を考えてみると、「一体どれだけ食事を減らせばいいのかわからない」ことにある。とりあえず闇雲に「食事の回数を抜く」「食事の量を半分にする」「野菜サラダだけにする」では、数日もすれば無理が出てきて挫折するのは当然だ。そこで必要なのが、カロリー計算。闇雲に減らすのではなく、必要以上のエネルギーを摂らないようにするのだ。まずは自分に必要なカロリーの量を調べる。

 厚生労働省のサイトによると、1日に必要なカロリーを求めるにはデスクワークの人の場合「標準体重×30」。標準体重を算出するにはいくつか方法があるので、調べてみるのもいい。ここではBMIから標準体重を算出した。筆者の場合は「75×30=2250カロリー」となる。これを携帯電話にメモしておく。

 次に食事のときのカロリー計算。これが携帯電話でもできるのだ。可愛い動物のキャラクターが登場する健康管理サイト「どうぶつダイエット」を利用する。EZweb・Yahoo!ケータイでは公式サイトになっているほか、NTTドコモでもURLの入力でアクセス可能だ。有料(月額315円)の会員登録をすれば、キーワード入力やメニューから食べ物を選ぶだけで、カロリーを表示・計算してくれる。

st_diet01.jpg 必要カロリーをケータイのメモ帳に記録。いつも持ち歩く手帳やスケジュール帳に書いておいてもいいだろう
st_diet02.jpg 「どうぶつダイエット」のサイトは、画面上のテロップではBMI(肥満度)を、身長と体重から割り出して表示する。25以上だと生活習慣病の発生率が高まる。筆者は現在25.95……
st_diet03.jpg 「食べ物入力」で料理名をひらがなで入力。簡単に料理を選択できる「かんたん入力」もある

st_diet04.jpg 「やきにく」に該当した料理の一覧。「吉野家」のメニューも用意されている。もちろん「牛丼」にも対応。「なか卵」「すき家」「ローソン」「ファミマ」などのメニューも確認した
st_diet05.jpg 結果表示。料理ごとのカロリーと、合計したカロリーが表示。メモした必要カロリーの数値と比較しよう。筆者はあっさりカロリーオーバーとわかってショック……

 ブックマークをしておけば、料理の注文時、コンビニ内で弁当を選ぶときも気軽にチェックできるので便利だ。食べた物は一昨日まで遡って確認できるので、毎日同じような食事ばかりをして、栄養のバランスに偏りがないかもチェックできる。PC用のサイトも用意されているが、残念ながら携帯電話用サイトとは連携しない。なので、PCと携帯電話の両方で使いたい人は、2カ所で利用登録と料金が必要になる。

 今日1日でどれだけカロリーを摂取し、あとどれくらいカロリーを摂取してもいいのか――。これがわかると食事の量を減らすときに、自分自身への説得材料にもなる。しかもカロリーを携帯電話で気軽にチェックできるので「面倒だ」という言い訳もできない。筆者と同じくお腹が気になる方は、試してみてはいかがだろう。

本日のレシピ
サイト名 どうぶつダイエット
PC用サイトのURL http://anit.jp/
携帯電話からアクセス 直接入力:http://anit.jp/m/
EZweb:トップメニュ→カテゴリで探す→ライフ→ヘルス
Yahoo!ケータイ:メニューリスト→くらし・健康→ダイエット
利用料 月額315円(別途、パケット通信料が必要)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ