ニュース
» 2015年07月30日 16時54分 UPDATE

出光、昭和シェル株式を取得 経営統合へ協議開始

石油元売りの出光が昭和シェル株式を取得。経営統合に向けて本格的な協議を始める。

[ITmedia]

 石油元売り国内2位の出光興産は7月30日、国内5位の昭和シェル石油株式の33.3%を1691億円で取得すると発表した。経営統合に向け本格的な協議を進めることで合意しており、「対等な精神での経営統合を目指す」としている。

 蘭Royal Dutch Shell子会社と30日付で株式譲渡契約を結んだ。公正取引委員会の審査などを経て来年上半期に取得する予定。出光は昭和シェルの筆頭株主になる見通し。

 両社売上高の単純合算は約7兆6000億円。国内の石油市場は車の低燃費化などで縮小が続く見通しで、経営統合で生き残りを図る。出光は「両社の持つ経営資源・ノウハウを融合させることにより、明確な成長戦略と存在感を有する総合エネルギー企業として企業価値を最大化できる」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -