ニュース
» 2015年08月03日 19時49分 UPDATE

万博記念公園に日本最大級の複合施設「EXPOCITY」、11月19日オープン 日本一の観覧車も

万博記念公園に大型複合施設「EXPOCITY」が11月19日にオープン。日本一の観覧車を含む8つのエンタメ施設と305店舗のショップが集まり日本最大級になるという。

[ITmedia]

 三井不動産は8月3日、万博記念公園(大阪府吹田市)に建設中の大型複合施設「EXPOCITY」を11月19日にオープンすると発表した。日本一の観覧車を含む8つのエンターテインメント施設と305店舗のショッピングモールで構成し、複合施設としては日本最大級という。

photo 施設のイメージ

 2009年に閉園した遊園地「エキスポランド」跡地17万2000平方メートルの敷地に、地上1〜3階建て(一部地下1〜2階建て)・延べ22万3000平方メートルの施設を建設。海遊館がプロデュースする“生きているミュージアム”や体験型の「ポケモンEXPOジム」のほか、来春には日本一という高さ120メートル超の大観覧車「OSAKA WHEEL」(仮称)も来春開業する予定だ。

photo 観覧車のイメージ

 ショッピングモール「ららぽーとEXPOCITY」には、Abercrombie & Fitchなど関西初出店の47店舗を含むアパレルショップや飲食店など多数がオープンする。

 隣接地には4万人を収容できる吹田市立スタジアム(仮称)が今秋の完成を目指して建設中。三井不動産は「(大阪万博が開かれた)45年前の熱気とにぎわいを呼び覚ますような施設を目指す」と、関西圏だけではなく日本全国や訪日外国客の来訪も期待する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -