ニュース
» 2015年08月24日 17時58分 UPDATE

西武線に新型通勤車両「40000系」17年春デビュー ベビーカーや車いすも安心なゾーン導入

西武鉄道が新型通勤車両「40000系」を導入し、2017年春から順次運転を開始する。

[ITmedia]

 西武鉄道は8月24日、新型通勤車両「40000系」を導入し、2017年春から順次運転を開始すると発表した。ロングシートとクロスシートを転換できる車両を一部に採用するほか、ベビーカーや車いすでも安心な「パートナーゾーン」を初めて取り入れる。

photo 「40000系」のイメージ

 「スマイルトレイン」の愛称を持つ「30000系」の後継として80両(10両×8編成)を導入する。川崎重工業製。車両カラーは西武グループカラーを基調にしつつ、沿線の「山の緑と空の青」をイメージしたという。

 一部編成に、ロングシートとクロスシートに転換可能なシートを同社としては初めて採用。従来の車いすスペースを拡大した「パートナーゾーン」では、車いすやベビーカーを利用の客が安心・快適な広さを確保し、車いすを固定できる設備や、軽く腰掛けられる座席などを設置する。車窓は大きくするなど、子どもが車窓の景色を楽しめるようにするという。

photo
photo

 シャープの「プラズマクラスター」技術で車内環境を向上させるほか、ドア上には情報ディスプレイを搭載する。車体はアルミ合金による軽量化やVVVFインバータ制御装置、LED照明のほか、最新のモーターを採用するなどし、従来の省エネ車両に比べ電気使用量を約4割削減するという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ