ニュース
» 2015年12月10日 14時49分 UPDATE

民間防犯用で世界初、「セコムドローン」登場

セコムは12月11日に、民間防犯用としては世界初の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービスを提供する。

[ITmedia]

 セコムは12月11日に、民間防犯用としては世界初の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」のサービスを提供する。

 同社によると、広い敷地を有する敷地では、不審車(者)の映像を確実に捉えるために、敷地内に監視カメラを設置するケースが増えているという。固定の監視カメラは防犯上有効ではあるものの、遠くにいる不審車の、特定の決め手になる車のナンバーや、人の顔や身なりなどが不鮮明な場合がある。

 そこで、監視カメラとLEDライトを搭載したセコムドローンが侵入異常発生時に対象の車や人に上空から接近し、車のナンバーや車種、ボディカラー、人の顔や身なりなどを撮影。この画像を無線で同社のコントロールセンターに送信することで、不審車の追跡・確保に役立てるという。

yd_doro1.jpg 「セコムドローン」利用イメージ(出典:セコム)

 セコムドローンのサイズは、幅570ミリ、奥行570ミリ、高さ225ミリ、重さは2.2キログラム(バッテリーを含む)。飛行速度は時速10キロ、飛行高度は不審者・不審車両追跡時で3〜5メートル。価格は月額5000円〜(税別)のほかに、工事料(サポート、制御部含む)として80万円〜(税別)が必要になる。

yd_doro2.jpg セコムドローン

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -