ニュース
» 2016年01月12日 11時27分 UPDATE

ここが知りたい 税のあれこれ知恵袋:不妊治療は医療費控除の対象になる?

まとまった額が必要になる不妊治療。確定申告をすれば、助成金に加え、医療費控除を受けることもできます。

[最適税理士探索ネット]
最適税理士探索ネット

 ちょっとしたところで迷ってしまう納税や確定申告に伴う税のあれこれ。現役の税理士による回答やアドバイスを聞ける「最適税理士探索ネット」の「知恵袋」から気になる質問を抜粋してお届けします。

photo

Q:不妊治療の控除額はどれくらい?

 昨年、不妊治療をしました。昨年度の医療費(他も)を合計すると50万円近いです。助成金を15万円頂いています。その場合に確定申告すれば、どのくらい返ってきますか?

 手続きが難しいので税理士さんに手続きをお願いしようと考えています。その場合は、お礼金などは、いりますか? また、何月頃に税理士さんに依頼したら良いでしょうか?

回答

 質問者様の場合、仮に最低の税率を適用されるとすると、50万円−15万円−10万円=25万円に対して5%乗じて、1万2500円ほど税金は安くなります。

 ただ、実際は質問者様の所得等の金額が変わると税率や、上記算式の10万円の額が変わります。いずれにしても、医療費控除の計算や手続きは難しくはなく、確定申告の時期になると、税理士に頼まずに、税務署に手続きに行かれる人は多いです。一度、ご自身でチャレンジしてみてはいかがですか。

関連記事

photo 確定申告に役立つ情報をまとめてチェック 特集ページはこちら

Copyright (C) 2016 最適税理士探索ネット All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -