連載
» 2016年01月19日 06時00分 UPDATE

トクする申告書の書き方:年収2000万円超のサラリーマンは確定申告の義務がある (1/6)

サラリーマンでも年収が2000万円を超えたり、2カ所以上から給与をもらっている場合は、確定申告をしなければなりません。税務署では教えてくれない、確定申告で“トクする”ためのポイントを解説します。

[日本実業出版社]

集中連載:トクする申告書の書き方 について

book

この連載は、ムック『平成28年申告用 あなたの確定申告』(日本実業出版社)から一部抜粋、再編集したものです。

 ・年収2000万円超の人
 ・2カ所以上から給与をもらっている人
 ・副収入がある人
 ・FX取引でもうけた人

会社員であっても、上記にあてはまる人は確定申告が必要です(他にも確定申告が必要なケース、確定申告したほうがトクな ケースがあります。詳しくは本誌をご覧ください)。

本誌では、確定申告の手順と必要書類のそろえ方や節税のテクニックなど、税務署では教えてくれないトクする申告書の書き方を、記載例付きでくわしく紹介。迷うことなく申告書がスラスラ書ける1冊です。


損得POINT 1:給与収入の場合の所得はこうして計算する

 給与収入の場合の所得は、下記の給与所得者の所得金額計算チャートで求めます(簡易給与所得表は本誌巻末でご覧になるか、国税庁のWebサイトよりダウンロードが可能です)。

 なお、給与収入の合計額(年収)が660万円未満の人は「簡易給与所得表」で所得を求めます。

ks_image03.jpg
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ